菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

記事ランキング

最新の記事

2018年の3月11日に
at 2018-04-12 17:00
#MeToo
at 2018-02-14 14:27
立て看と吉田寮問題から学内管..
at 2018-02-07 16:09
なぜ私はフェミニストではない..
at 2018-01-19 17:25
セクハラ #MeToo 
at 2017-12-29 21:46
福島・放射能・原発etcのこと
at 2017-11-23 15:46
2017年衆院選挙結果を受け..
at 2017-10-27 13:54
ナンシー・フレイザー「資本主..
at 2017-09-13 15:49
諦めが生む女性専用車両
at 2017-08-31 18:33
アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> 森さん お読みいた..
by anti-phallus at 16:53
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58

画像一覧

カテゴリ:原発/震災( 3 )

2018年の3月11日に

今年の3.11には地元でデモに参加できました。
2011以来、3月11日になるとどうもウツになって、1日の終わりには「無事過ぎたか・・」と妙な安堵感を感じるというのを経験してきました。自分にとってあの日以来世界が大きく変わったように思います。あれから7年間、自分はどう過ごしてきたのか考えてみると、最初の何年間かはなんとか仕事と生活をこなしてきたという感じでしょうか。事故の直後はもうてんやわんやで、連絡の取れなくなった家族の心配や、事故がどうなるのか分からず無我夢中でした。でも名古屋や関西のひとびと(の多く)はそれほどいつもと変わらないようで、4月には普通に大学の授業も始まるし、東北出身の自分との差を感じる時期でした。

菅元首相の脱(正確には減)原発宣言は嬉しい出来事でした。その後はどんどんそれを裏切る政治の流れの中で、自分の仕事も忙しくなり、震災と原発のことに向き合えない罪悪感が募るばかりでした。最近やっと心を決して少しでもできることをしようとしています。向き合うのはしんどいと感じてきましたが、逆に向き合ってしまえば心は軽くなるものですね。まあ元気のないときは向き合ってもつらいだけだからやめたほうがいいですけどね。

向き合うといってもとりあえず調べてるだけですが、これがけっこう大変です。福島原発が今どうなっているかということも公表されていないからよく分からないし、放射能汚染の実態も同じ。というか、私が一番怖いのは、この何も公表されていない、という感覚なんですね。大規模な原発事故は、世界でチェルノブイリに続く2回目で未知の領域ですから、誰も分かっていないわけです。放射能が人体にどういう影響を及ぼすのか、明確なデータはありません。ですがだからこそ、この事故の影響を最大限漏らさず正確に調べ続け、対策を練り続けることが必要なはずなのに、政府や関連学者は「影響は小さい」と繰り返して調査すらもう終わらせようとしている様子。

「国家規模」の隠蔽工作、というと大げさで嫌ですがそれに近い状況になってきているような・・・。




2016年時点のもので、動植物への被曝の影響を、チェルノブイリと比較しながら紹介しています。人間への影響は分からないとしていますが、動植物にこんなに影響が出ているのに、人間に対して無害だということはあり得ないでしょう。
こういう番組を見ることすらとても怖い。だから多くの人々は目を背けてしまうでしょう。でも完全に逃げることはできないでしょう。

被曝を語るときによく言われるのが子どもを守る、というスローガンです。ですが、守られるべきは本当には子どもだけではないでしょう。被曝は全ての生き物にとって有害です。大人だろうと誰であろうと。ただ、影響が出やすいのが子どもだから、子どもをとくに守ろうとするのは間違っていません。当然のことです。ですがそれを聞くたびに、違和感があり・・。わたしたちは、自分自身の問題として被曝を拒否すべきなのではないでしょうか。私たち自身が危ないのです。年寄りなら被曝を引き受けるべきだという議論がありますが、それは暴論ではないでしょうか、私たち自身の問題として被曝を拒否しなければ、子どもも守れないのではないかと思うのです。

フクシマの事故後、他の国の動きを見ると、ドイツが脱原発へ向かったり、ベトナムが日本からの原発輸入を断ったりしているものの、チェルノイブイリを経験したロシアなど旧ソ連諸国がやめるどころかさらに原発拡大を進めていることを知ると、恐ろしくなります。一人ひとりの健康や安全よりも、国と大企業の権力と利益のほうが優先される現実。


この規模の大きい原発という問題に立ち向かうにはあまりに無力感を感じる。でも生きていく以上、自分で納得のいくことをしないと辛いのも事実。どうなるのか分かりませんが、考えることだけは少なくともしていこうと思います。







[PR]
by anti-phallus | 2018-04-12 17:00 | 原発/震災 | Comments(0)

福島・放射能・原発etcのこと

 ずっと気にかかっていたことがあります。気にかかる、どころか心の深いところに重石のようになっている、という方が正確な表現なんですが。何かと言うと、なんと名付けていいかすら分からないような感じで、つまりは福島の原発事故のこと、放射能のこと、避難者のことなど。2011年の3・11以来、自分の中の何かが止まったようになっていて、それは考えだすとあまりに重いので、ふたをしていました。でもそうもしていられないので、ちょっとずつ頑張って書くことにしたいと思います。

 放射能や原発のことがほとんどタブーとなっている現状ですが、このようななかでも貴重な仕事をしているひとはたくさんいます。まずは毎日新聞の記者の日野行介さんの本、『原発棄民 フクシマ5年後の真実』(毎日新聞出版、2016年)と『フクシマ6年後 消されゆく被害』(尾松亮と共著、人文書院、2017年)をお勧めします。事故後、福島と周辺の多くの住民が関東や関西以西に避難しました。彼女、彼らは「自主避難者」と呼ばれます。自主避難者に対する政府の政策について報じられています。世間では「たくさん金をもらって」という冷たい視線もあるようですが、じっさいにはそんなことはなく、唯一あった住宅支援も切られました。政府は「帰還」をほとんど一つだけ選択可能なものとして進めていますが、現地はまだ放射能の線量の高いところも多く、そもそも政府が帰還の基準としている「年間20ミリシーベルト」は、事故前の基準「年間1ミリシーベルト以下」を大幅に上回るものです。こんな政策で、子供を育てる責任のある人々が納得できるでしょうか。この本では、このような当事者無視の政策がどのようにして審議・決定・実行されたのか調べられています。2冊目は、それらの政策の中で引用される「チェルノブイリの例」がいかに歪められて用いられているか立証しています。著者が直接訪問するチェルノブイリ被災地のレポートでは、日本とはまったく違う住民支援の例が伝えられています。
 日野さんのインタビューがこちらで読めます。

 それから、マスコミでは避難者の問題が一部ではあるけれど心あるジャーナリストや研究者によって主張されているのに対して、放射能汚染や被曝の問題はそうではないように感じます。放射能汚染、被曝の問題は、事故直後はかなり広範に認識されていたように思うけど、現在ではほとんど口にされないのではないでしょうか。でも本当に、もう安全だと言い切れるひとはどのくらいいるのでしょうか?どうも私は、この問題がタブーになってきているように感じられて仕方ないのです。
 結局、避難した方々が帰れない理由の多くは、「被曝のリスク」です。放射能、放射性物質の怖さはあくまで「リスク」でしか考えられないこと。放射能が引き起こすガンや白血病、その他の疾病は放射能以外の原因でも生じるもの、あるいはそもそも原因をはっきり特定しにくい病気なわけで、一定程度の放射能を被曝したらこのくらいの確率でガン等の病気になりやすいよ、という形でしか理解できない。微細な形で、かつ全体的な形で人体に影響を及ぼすもの。だからこそ、できる限りの安全を期すために細心の注意を払われなければならないのに、今の日本ではこの不安を語ることすら憚られる雰囲気になっていないでしょうか。
 ですから専門家ではない私たちが調べようとすると、ネットや一部の本しかない。ネットではやたらと不安を煽られるようなサイトもあったりして怖いです。
 データとして信頼度の高いものを挙げておきます。

市民放射能測定データサイト みんなのデータサイト 

東洋経済オンラインサイト掲載 2015年のアエラの記事 


これらを見れば、東日本の広い範囲にわたって汚染が存在していること、特に人口の多い関東地方も無視していいレベルではないことが分かるでしょう。だから、避難者を棄民する政策は避難者だけの問題ではないのです。汚染に対して対策もとらずタブー化して、危険な地域に戻そうとする。食品を通じた内部被曝のリスクも考えれば、日本全体(さらには国外にも)の問題なのです。


最後に、私はこの問題は子どもと女性に対する暴力でもあると思っているのです。放射能のリスクは特に女性と子どもにとって大きい。身体的なレベルでも、また、子育ての責任をまかされているという意味でも女性にとって特に大きな問題なのです。避難者の多くは女性と子どもです。国は彼女たちを見捨てようとしている。これが、フェミニズムの課題でなくて何でしょうか。










[PR]
by anti-phallus | 2017-11-23 15:46 | 原発/震災 | Comments(0)

原発と母性主義、覚え書き

 インパクション181号(2011年8月)「特集 脱原発へ」を読む。
 期待した、座談会「脱原発と『母』『女』について考える」は、タイトルどおりではなかった。あまりタイトルで掲げられている点については深められていなくて、それ以外の各参加者の具体的な活動や思いについては興味深く読んだ。
 それよりは、後ろの方の座談会「反(脱)原発運動の現在的課題」のほうで、その問題について興味深い発言を見つけた。以下引用。


天野恵一
チェルノブイリの直後も、例の甘藷さんの本を巡っても、ある種の母性主義、フェミニストの人たちが母性主義批判を展開して、かなり論議がありましたよね。あれで問題が終わっているわけじゃないですよね。
近藤和子
終わっていない。あれは上野千鶴子さんのエコフェミ論争がきっかけなんです。エコフェミ、反原発運動は母性主義で本質主義だと、青木やよいさんの言説を批判したでしょう。だから多くのフェミニストたちは震災の被災者支援に女性の視点をといっても、福島原発のことは言わない、もう反原発運動をやらないの。“母性主義”だからと。すごいへんてこりんなねじれた関係。深められないまま断絶している。
(99ページ)

 
 今、事態がどんどん動き、不透明な混乱の中で、運動について、状況についてゆっくり論じる余裕のある人は少ないだろうし、そういう余裕があるとすれば逆にどこか抜けているものがあるのかもしれない。そんななかだから、脱原発運動の母性主義、というような難しい問題設定について運動の渦中にいて、明快に論じられる人は少ないだろう。そういう問題意識は、3.11以前からある程度運動やフェミニズムについて知識のあるひとがもつものだろう。
 今年の日本女性学会大会でも、同様のテーマでシンポジウムがもたれた。参加してみたが、やはり問題が深く論じられてはいない印象を持った。
 脱原発運動の母性主義というのは、今運動のただ中で感じられている問題というよりは、それ以前の、フェミニズム内の論争が記憶としてよみがえっているという感じがする。にもかかわらず、その切り分けがはかられず、一体誰が何を批判しているのか分からないままに注目されているような。
 じっさい、上記の天野の発言、「フェミニストの人が批判した」という口調、これもよく聞くものだ。聞くたびに、「フェミニストのひと」って誰?というフラストレーションを感じる。そういう種族でもいるかのように語られるのは非常に違和感がある。(天野は尊敬する人物のひとりです、ちなみに)
 そういう意味で、近藤がはっきり具体的に経緯を指摘しているのはありがたい。
 わたしも、90年代に上野のエコフェミ批判を読んで、影響を受けた。そこまで簡単にエコフェミの思想的可能性を否定はできないだろうとは思ったけど、やはり上野に軍配が上がったように見えた。
 だが、3.11を経て、松本麻里さんのインタビューを読むなどして、そのようなフェミニズムのこれまでのあり方が厳しく問われているように思う。
 フェミニズムの論客は、本当に、現実に向き合ってきたのだろうか。複雑でややこしい現実を、言説のひとつとして簡単に切り取ってしまい、整理し、ラベルを貼るだけでよしとしてきてはいなかっただろうか。フェミニズムだけではなく、90年代の構築主義や言説分析の流行した社会学全体にも言えることかもしれない。上野を批判するだけではなく、自分自身の問題として考えている。
 フェミニズムの視点、あるいは性差別へ批判的な視点をもつひとがそれほど多くない中で、フェミニズムの論客にあまりに多くを期待するのもおかしいだろう。やはり問題なのは、誰かひとりをもちあげてしまい、思考をとめてしまうようなひとりひとりのありかただろう。また、議論が自由にできないような雰囲気だ。女性学会のシンポジウムでも、既成のフェミニズムへの批判的な提起が、会場から反発されて、終わってしまったのは残念だった。あのようなやりとりをもっと深めていくことが必要なのかもしれない。
[PR]
by anti-phallus | 2012-06-27 17:23 | 原発/震災 | Comments(2)