人気ブログランキング | 話題のタグを見る


菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

最新の記事

女性議員増やせキャンペーンに..
at 2021-10-22 14:21
映画「君は永遠にそいつらより..
at 2021-09-20 11:29
Choose大学「フェミニズ..
at 2021-03-25 14:09
Choose大学「フェミニズ..
at 2021-03-25 14:08
Choose大学「フェミニズ..
at 2021-03-25 14:07
ブックトーク質問への回答です
at 2021-02-04 14:38
おすすめふたつ:酒井隆史さん..
at 2020-12-29 13:45
「99%のためのフェミニズム..
at 2020-12-22 17:07
ナンシー・フレイザー、コロナ..
at 2020-10-21 15:29
フレイザー新刊紹介『99%の..
at 2020-10-16 13:32

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2021年 10月
2021年 09月
2021年 03月
2021年 02月
2020年 12月
2020年 10月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

その他のジャンル

画像一覧

女性議員増やせキャンペーンについて

 標記の件についてずっともやもやしている。言うべきかどうか悩んでいるけど、結局取材を受けて話していたりするので(笑)、ここできちんと書いて整理しておきたい。
 このところ女性議員を増やせキャンペーンを張っているマスメディアが多い。特に朝日新聞は、今回の衆院選は多様性が大きな争点だとしている。はじめに言っておくが、わたしは「クオータ制」や「パリテ」などの女性の割合を半数に近くする、または一方の性に偏らないようにするという制度には賛成である。よくいわれるように、「人口の半分は女性なのだから」政治家の大多数を男性が占めている現状は大きな問題であり、義務的にでも変えることになんら問題はない。

 クオータ制に反対する人は「性別にかかわりなく能力のある人が政治家になればいい」というが、「能力」という言葉ほどあやしいものはない。今の世の中、本当に能力で選ばれているだろうか?自分の会社、組織を見渡せばそうとは言えない事例ばかりではないだろうか。そもそも能力とは何なのかということは本当に難しい問いだ。ひとによって、見方によって、同じ一つのポストでも大きく異なってくる。「能力」という言葉を使いたい場合には、かなり厳密に定義して、その場合に何が求められているか見定めて慎重に使う必要がある。私は周りで「能力」という言葉が使われる時には決して信じない。たいていの場合、単にその人の好みや利害が合う場合に使われる言葉に過ぎないから。それに、能力という言葉は競争とセットで存在するもので、能力には多寡があるからそれによって人を序列化していいという論理を伴っている。差別を覆い隠したり正当化するためにとても便利な言葉だ。そのようなテキトーな能力主義に社会がどっぷり使っているからいつまでも日本の政治は変わらない。

 その上で、かといって、今のメディアのように、ただ女性を増やせばいいとも思わない。わたしが違和感を感じるのは例えば、衆院選の朝日の特集で、「政策決定 女性が増えれば」という名古屋版の記事(2021/10/8)。お定まりの世界経済フォーラムのジェンダーギャップ・ランキングで始まり、女性議員を増やせばジェンダー平等、マイノリティの人権などが尊重されるという内容。東海3県ただ一人の女性市長のインタビューも載る。この三重・鈴鹿市長は「あえて女性であることを意識して仕事してきた」「避難所で女性のプライバシーを守るようにした」などと言い、女性であることを前面に出しながら、最後は下記のようにいう。

「自民党総裁選では女性が2人出て議論が広がりました。衆院選でも「女性だからこう言わないと」ということはない。いろいろな経験や考え方で選挙を戦い、幅広い議論をしてもらえば、日本がちょっと変わる選挙になるのではないでしょうか。」

 ほとんど何も意味していないような発言だが、この、自民党総裁選については本記事の冒頭でも触れられている。野田聖子氏と高市早苗氏の立候補で候補者が男女半々となったことである。もちろん岸田が勝ったわけだがその過程で高市が注目された。高市といえばタカ派として知られる政治家だ。
 女性であればどのような政治家でも良いのだろうか?わたしは最近、政治家のジェンダーバランスを平等にしたいのならば、何のレトリックもなく、単純に数字の平等を目指すべきだと思うようになった。人口比に合わせて半分、さらに女性がマイノリティという意味合いも含めて最低半分。これなら分かる。加えて、障害者や、アイヌ・沖縄の人々など様々なマイノリティの枠も作るべきだ。それはその数合わせ自体が平等のためだからだ。淡々とやるべきである。間接民主制なのだから当然のことである。
 しかしそこに、「多様性の推進」だの「生きやすい社会」(この記事)など余計なレトリックをつけてはいけない。そういうレトリックをつけたいなら、そういう政治的方向性の女性政治家のみを推すべきである。高市など自民党の女性政治家など含めるのは単なる嘘だ。新聞はフェイクニュースを流してはいけない。

 記事には、女性リーダーには多様性を尊重し共感力のある人が多いというコメントも紹介されている。これには、イギリスのサッチャーや韓国のパククネなど独裁型の女性リーダーは無視するのかという反論がすぐ思い付くだろう。女性だからといって一元化し、「共感力」などという女性の伝統的(とされる)役割をもてはやす、これこそが女性差別でなくて何だろう。

 メディアはジェンダーが重要なテーマだと考えるならば、単に政治家や企業管理職に女性を増やせと曖昧なイメージで唱えるのではなく、女性差別とは何なのか、どのような課題があるのか勉強してほしい。自民党のような女性を安く、あるいはただで働かせ、それが日本の伝統だという価値観と政策で出来上がっている政党に女性が増えることがジェンダー平等であるかのような報道はやめて、ジェンダーに関するあらゆる課題、女性労働・非正規差別、医療福祉軽視から始まって、安全保障や環境・気候変動、エネルギー問題もジェンダーが深く関わっている。そこをきちんと考えることなく安易に数を増やすのがすばらしいことだとしているから、右派タカ派まで女であればいいかのような風潮が醸成されている。これはフェミニズムの誤用・悪用だ。女性は政争の道具ではない。女性議員を増やしたいとメディアが思うならば、最も抵抗している自民党をきちんと批判すれば良い。そこを忖度して曖昧にしているからおかしなことになる。

 議員になっていなくても女性はすでに様々なところで政治に関わっている。メディアは女性に命令するのではなく、応援だけすれば良い。応援する時にも、上の方にいるエリート女性の提灯記事ではなく、社会の底辺で悩んでいる女性、注目されないけれども重要な活動をしている女性、そういう女性たちに目を向けるのが本当のジャーナリズムではないだろうか。













# by anti-phallus | 2021-10-22 14:21

映画「君は永遠にそいつらより若い」

 久々の投稿。やっと時間ができました。またすぐ忙しくなる予感だけど。
 津村記久子原作の映画化。小説は結構良かったです。気に入った小説の映画化ってあまり観たくないのですが誘われていく。全体的にはまあまあ原作に忠実で、悪くなかった。ただひとつ、主人公を演った佐久間の演技がひどくて、棒読み感がずっと消えず。周りの俳優の優れた演技に支えられて、なんとか救われていた印象。プロデユーサーさん、キャスティングはきちんとしてください!顔で選ばないでほしい・・。(すべての佐久間ファンを敵に回した瞬間。)

 原作に忠実だった分、その異同が気になってしまうのだけれど、映画ではバイト先の後輩が悩んで、主人公に体の一部を露出するシーンがしつこく描かれていた。あれはなんでしょうか・・・?原作ではあれほど強調されていなかったと思う。「レズビアン的」要素とバランスをとるために強調したのかもしれないが、あれは確実にセクハラだったと思う。

 それから、私は原作の「ぬるい感」と「切迫感」が好きだった。主人公のだらだらした、津村独特の文体が良かったのだが、当然映画ではそれは少なく、代わりに主人公以外のキャラの存在感が増していて、そのせいでいわゆる「青春群像劇」のようになっていた。群像劇映画は一般に観客受けが良いからいいのかもしれないけど、小説好きのわたしのような者には・・・という感じ。

 ただ、観て少し時間を置いてから考えると、一番思い出されるのがホミネの部屋の高さ。スコーンと抜けていて、階段を結構上らないといけなくて、いつも青空とともにあるかのよう。あの部屋は、文学や映画、芸術の伝統的なテーマ、「若者の死」を象徴していた。ある種の若者は、上を目指して、登りつめて、ある瞬間に墜落する。わたしもこれまでいくつかその墜落の隣にあった。親しい人との別れは、相手の年齢にかかわらず当然辛いものだけど、それが自分より若い人のものだと独特の、身を切られるようなショックがある。あの部屋の空気感は、小説では得られない強さがあって、ベタかもしれないけど良かった。

 そして、それと対になって思い出されるのが、イノギの部屋の地面ぽさ。とても居心地が良さそうで、暗くて、広かった。あんな家に住みたいと思った。イノギは帽子と相まって、まるでゴブリンのような可愛さ。主人公は、あの部屋を訪れて、もぐって、自分を取り戻す。

 ホミネはある部分で主人公の代わり身だ。同じ志をもっているけど、ホミネは警察に捕まり、主人公は社会的キャリアを獲得する。社会に関わりたい、困っている子を救いたいという思いが半分では成功し、もう半分では犯罪化される。この危うさがこの映画のテーマなのだろうか。

 そもそも原作では京都が舞台だったのが、映画では東京に変えられている。京都の「ゆるゆる」でアングラな空気感がなくなってしまった分、映画では小豆島や和歌山といった地域との距離感をうまく使っていた。主人公は船で「平行移動」してイノギに会いに行く。


 児童虐待という社会問題に対して、個人や社会がどのように介入できるのか。おそらく社会が変わらないと(社会的再生産領域が根本的に再編されないと)本質的な解決はないのだが、ゆがんだボロボロの社会の中でがんばるホリガイ。いろんな内外の圧力と背中合わせ。いちおうは応援せざるをえない。でもそれはやっぱりイノギといっしょにあってほしいな。











# by anti-phallus | 2021-09-20 11:29 | シネマレビュー

Choose大学「フェミニズムと政治 第3回 セクシュアリティ」



# by anti-phallus | 2021-03-25 14:09 | 仕事

Choose大学「フェミニズムと政治 第2回 ネオリベラリズムとジェンダー」



# by anti-phallus | 2021-03-25 14:08 | 仕事

Choose大学「フェミニズムと政治」第1回

イベントの紹介ばかりになっていて恐縮ですが、今度はChoose大学というChooseLifeProjectの企画でお話ししました。

全4回で、現在3回まで公開されています。

できるだけたくさんの人にご理解いただけるようにお話ししましたのでよろしければご覧ください。

1記事につき一つのリンクしか載らないようなので1回ずつ張り付けます。
















# by anti-phallus | 2021-03-25 14:07 | 仕事