「ほっ」と。キャンペーン


菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

最新のコメント

> yasuokaさん ..
by anti-phallus at 12:58
卒論で「女子力」を取り上..
by yasuoka at 23:52
> fujikoさん ..
by anti-phallus at 12:59
> yomodalite..
by anti-phallus at 12:58
ナンシー・フレイザーのト..
by yomodalite at 13:12

最新の記事

【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45
 辺野古 圧殺の海 第2章
at 2016-08-10 15:31
選挙結果
at 2016-08-01 16:13
学会発表の報告
at 2016-06-23 14:39
アメリカ大統領選についてフェ..
at 2016-05-31 17:24

画像一覧

安世鴻さん 裁判勝訴の報告会

この度下記のような報告会を催します。
どうぞご参加いただければ幸いです。

+++++++++
ニコン「慰安婦」写真展なぜ中止に?
安世鴻(あんせほん)さん 裁判勝訴の報告会

2016年6月4日(土)午後1時30分〜4時

名古屋YWCA 4階405号室
http://www.nagoya-ywca.or.jp/mapfiles/ywcamap.html

参加費 500円

安世鴻さんは中国や東南アジアに置き去りにされた「慰安婦」被害者のハルモニ
を訪ねて写真を撮り続けていらっしゃいます。
その写真展をめぐってニコンが一方的に会場使用の中止を求めてきました。
安さんは東京地裁に訴え、仮処分が認められ、2012年6月に新宿ニコンサロンで
7900人の入場者を迎え開催できました。ところが会場でニコンから異様な警備の妨害を
受けたため、不当な中止とともに同地裁に提訴し、国内外に反響を巻き起こしました。
その後2015年12月に勝訴が確定しました。
ニコンの行動は「慰安婦」表現活動に対する脅し、圧力だったのではないでしょうか。
また、昨年末の日韓合意が報じられて以来、「慰安婦」問題はますます
混沌としています。

安さんからお話を伺い、ご一緒に考えてみませんか。


主催 旧日本軍による性的被害女性を支える会


f0210120_16234945.jpg

[PR]
# by anti-phallus | 2016-05-13 16:14 | イベントの案内 | Comments(0)

最近読んだ小説のことなど

 鬱々として追いまくられる(こういう書き方するとよほど暗いひとと思われるからやめなさいと言われたので削除)日々の中、なんとか生き延びていけているのはひとつには小説のおかげ。小説というものがあって、またそれを読める環境があってほんとによかった。

 わたしは漫画や音楽も好き、映画も好きですがそれらは楽しめる条件みたいなものがあって、ある時期には触れられなくなったりする。だけど小説はいつでも読んできた、と思う。比較的安くて、持ち運びしやすくて、体にも負担が少なくて、時間も自由にできて場所も選ばず・・・という様々な条件。
 というわけで最近読んでいたのはひとつには津村記久子という作家。このひと、結構前からよく知られている人みたいで、たまたま読むことになったのだけど面白くて大体全部読んだかな。でも当たり外れも大きい感じで、個性的なひとです。面白いのは「お仕事小説」とかいわれているらしいが、OLやサラリーマンが主人公の、仕事や日々のあれこれをだらだらっと綴った系統でしょう。瑣末なことが神経症的なまでに語られるのだけど、これって私たちの日常そのものだな、となんで今までこういう小説ってなかったんだろうと、確かに新しいジャンルの発見的な喜びがある。

 ただ、1点だけこの人の作風に違和感を感じたのは、たまに出てくる「救いたい欲求」みたいなもの。上記のお仕事系にはあまり出ていないのだけど、リーマンやOLではない若い世代を主人公にした系統のものにあります。毎日いろいろある中で、主人公が友人や誰かの問題を解決する、ということで終わる作品が何個かあるのだけど、少々それには乗れなかった。女が女を救ったり男が男を救ったりもあるのだけど、範型にあるのは男が女を救うヘテロセクシュアルなロマンであるようにも読めるのも悲しい。女性作家がヘテロセクシュアル・ロマンを描くということの意味を考える。

 救いたい願望は誰にでもある。救うというのは確かに絶対的な良いことではある。でも長年生きてくると、その願望の裏には権力への志向もあるよな、とも思わざるをえない。わたしが小説で読みたいのは、その両面を含めた世界なんだろうなと思う。
 まあそういうことを思わせてくれたことも含めてこのひとは嫌いじゃないし、新作が出たら読みたくなると思う。

 で、ツムラはだいたい読み尽くしたので本棚で眠っていたレイモンド・カーヴァーを読む。村上春樹が翻訳、編集したという。春樹にはわたしは微妙な感情を持っているので、まゆつば物で読み始めたけど、なかほどでギブアップ。やっぱりカーヴァーにしても春樹にしても良い作家だよね、と。男性の悲しみ、女性のむなしさをあるぎりぎりのところまで見つめているような。

 そして最近考えたのは、どの小説にしても、それが書かれた時代、場所にどっぷり埋め込まれているな、ということ。ツムラなどは典型だけど、今の日本じゃないとこれはありえない。カーヴァーも、この時代の他のアメリカの作家にも共通する、軽くてソリッドな世界の中で立ち尽くし、たまに立てなくなる瞬間のことを書き続けているようなところを感じる。それでもこのひとびとは立とうとし続けるし、誰かが誰かを救うことはできないのだけど、ほんの些細な小さいことを提供して、それで肩を抱き合っている。知らないもの同士が。そんな世界の悲しさと素敵さが描かれている。
 アメリカは国家としては強大で、ある場面では暴力的になるけれど、こういう作家がいるということはなんともいえない。
 小説が書かれるというのはたいていはごく個人的な欲求から始まるのだろうけど、それが最終的には作家を取り巻いているものの表現に終わっていくというのは不思議な感じ。私たちってどこまで埋め込まれてしまっているのか。。埋め込まれたくないという思いで人は書き出すのだろうに。
[PR]
# by anti-phallus | 2016-04-30 13:47 | つれづれ | Comments(0)

「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える

 短文を書かせていただいた本が完成しました。前田さんの編集ですが、前田さんはとにかくすごい仕事量。一貫した立場だし、すごいなあ・・・。
 1080円です。韓国語に訳されるらしい。
 日韓合意で解決したと勘違いされている人も多いので、是非読んでいただきたい。個人的には名字が「菊池」になっていなくて良かった・・・・とホッf0210120_15395029.jpg。よく間違われるのです。


「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える (彩流社ブックレット)

前田 朗 (著)


第I部 日韓合意をどのように受け止めるか
1.責任転嫁を許さない――梁澄子
2.責任と反省なき二重基準で、「私たち」は この過去を終わらせることができるか――西野瑠美子
3.日韓合意に関する法的批判――川上詩朗
4.性奴隷制とは何か――前田 朗
5.安倍晋三と日本軍性奴隷問題――田中利幸
6.フェミニズム倫理学から考える、日韓合意――岡野八代
7.「日韓は合意を白紙化すべき」――吉見義明

第II部 「慰安婦」問題・日韓合意を批判する各界からのメッセージ
野平晋作/申惠丰/阿部浩己/矢野秀喜/土井敏邦/ 木瀬慶子/辛淑玉/小林久公/角田由紀子/崔善愛/ 大森典子/奥本京子/菊地夏野/庵逧由香/安世鴻/ 清末愛砂/乗松聡子/宮西いづみ/高橋哲哉/金富子/ 徐勝/元百合子/坪川宏子/岡本有佳/吉池俊子/方清子
[PR]
# by anti-phallus | 2016-04-25 15:40 | 仕事 | Comments(0)

釜山の少女像

 突然ですが、友人が釜山の少女像の写真を送ってくれたのアップします。
 勇ましい感じですね。
 少女像というのは日韓の国際問題になっている、「慰安婦」被害者を祈念するものです。考えれば考えるほど、少女像が外交問題になるということの異常さについて実感してしまいます。なぜそんなに日本政府は恐れるのか。批判に向き合い、謝るべきところは真摯に謝る姿勢こそ尊敬を得られると思う。



f0210120_1625163.jpg

[PR]
# by anti-phallus | 2016-04-22 16:28 | 日本軍「慰安婦」問題 | Comments(0)

昨夜の地震

 久しぶりの更新になってしまった。締め切りは重なってるし、新年度だしでバタバタもはなはだしい。
 そんななか昨夜の熊本の地震の報道で、なんだかとてもパニックになってしまった。自分でもびっくりしたが、やっぱり311のトラウマまでいかないにしても何か傷が残っているなあと実感。
 震災後の志津川(今は南三陸町になってる)の海辺を車でまわったときの記憶がよみがえる。こんなところまで波が来たのか、と恐怖を感じたあのときの記憶。去年、愛知のある温泉に泊まった時、海辺の宿だったのだが、夜になったら波が怖くて眠れなかった。バカみたいと自分で思いながら。
 海辺で育ったわけではないし、311のときに宮城にもいなかったが、それでも子どもの頃海水浴に行った志津川の海で起きた津波は、なぜか自分自身が体験したことだったかのように思えてしまう。本当の被害に遭われた方には申し訳ないけれども。
 故郷というのはそういうものなのだろうか。311以来、心のどこかにふたをして生きてきているような気がするときがある。そして5年経って、やっと目を向けられるようになってきたような気もする。今後、何ができるのか、また日本がこれからどうなっていくのか本当に分からない。ただ、原発の問題に背中を向けていってはいけないだろうとは思う。こんなに地震の多い国で、一体どうしようというのか。。。これ以上不安と悲しみを増やしてほしくない。
[PR]
# by anti-phallus | 2016-04-15 20:58 | つれづれ | Comments(0)