菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

最新の記事

ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45
 辺野古 圧殺の海 第2章
at 2016-08-10 15:31

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> maonosukeさ..
by anti-phallus at 13:16
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 14:39
論文を読みたいのですが、..
by maonosuke at 08:05
> yasuokaさん ..
by anti-phallus at 12:58
卒論で「女子力」を取り上..
by yasuoka at 23:52

画像一覧

<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フレイザーのトランプ論「進歩的ネオリベラリズムの終焉」

マクロビーに続いてナンシー・フレイザーのトランプ論を訳しました。こちらはマクロビーより立場を明確に打ち出している、フレイザーらしい論評です。今年1月2日付で公開されています。

f0210120_23170758.jpeg

前回のフレイザーのインタビューでも見られましたが、トランプの勝利を、ネオリベラリズムで被害を被ったひとびとに支持された結果と解釈しています。そしてその勝利は「進歩的ネオリベラリズム」の敗北でもあると。進歩的ネオリベラリズムとは、グローバルな金融資本主義と「多様性」や「エンパワメント」といった言葉を唱えるエリートたちの結合、を意味しています。本来「多様性」や「反差別」といった言葉は、全ての人々のための理想でしたが、現在ネオリベラリズムに利用されて、能力主義や企業中心主義のための言葉になってしまっているとフレイザーは考えています。これはフレイザーが従来から批判しているフェミニズムの変質と深く関わっている重要な論点です。

トランプの支持者たちは、文化的には「多様性」を唱える教養あるエリートたちから差別され、経済的にもグローバル化で大きな打撃を受けました。本来ならそこで左翼が彼女・彼らの痛みを引き受けるべきなのですが、現代アメリカでは左翼が不在なため、トランプの反動的・差別的な政治にすくわれてしまった、ということです。
しかしもちろんトランプはひとびとの真の救済となるはずはないので、フレイザーは、とくにクリントンを支持したひとびとに、間違いを認めトランプ支持層に訴えかける努力をすべきだ、と論じています。

フレイザーが根拠をおいているのはサンダースやその支持者たちで、これは前に訳したアイゼンスタインや恐らくマクロビーとも少し異なるスタンスなので、そこが面白いと思います。サンダースの支持者たちは、オキュパイ運動等と重なってくるだろうと思いますが、オキュパイ運動にどれだけフェミニズムの視点が見いだせたのか、そのあたりがポイントでしょう(というか私が関心がある)。

それから、この議論を日本に重ねて考えると、社会科学だったり左翼運動だったりフェミニズムだったりの権威ある言説や世界への反感が、近年の右傾化やレイシズム、ナショナリズムにつながっていることが連想されます。日本の右傾化も、グローバル化で経済的に打撃を受けた層によって支持されている面のあることが指摘されています。アメリカほど明確に地域性を示していないのが分かりにくいところですが。

全体的にはわたしとしては、トランプの経済政策だってネオリベのひとつなのでは?(クリントンの進歩的ネオリべに対して、トランプは反動的右翼的ネオリべ、ということになるはず)とかフレイザーの主張する左翼の再生はどれだけ現実的なのか?という点や、多様性を唱えるエリートやフェミニストたちの主体的責任を問い過ぎてないか?(彼女・彼らの責任というより構造的側面が大きい気がするが・・まだ分からない)という点で迷いますが、ともあれ発見の多い、理性的な論評だと思います。多くの方々に読まれ、議論されてほしいです。

追記
非常に良く見ていただいているので付け加えますが、フレイザーのいう左翼が本当に現代の問題に答えるためには、大幅な、今までの左翼の歴史を変える、超えるような変化が必要なのでしょうね。わたしはなんとなく、左翼はもっとフェミニズム(良質の)から学ぶべき、というのがまず最初に来ると思います。






進歩的ネオリベラリズムの終焉


ドナルド・トランプの選挙は、ネオリベラルなヘゲモニーの崩壊を共に知らせる一連のドラマティックな政治的反乱の一つを表している。これらの反乱には、英国における「ブレグジット〔Brexit:イギリスのEU脱退〕」選挙や、イタリアにおけるレンツィ〔元首相、政治改革の国民投票で敗れ辞任〕の改革への拒否、アメリカにおける民主党の指名投票におけるバーニー・サンダースの選挙運動、フランスの国民戦線〔マリーヌ・ル・ペン率いる反EU・移民排斥を唱える政党〕支持の増加などが含まれる。これらはイデオロギーや目標が異なるにもかかわらず、これら選挙による反乱はターゲットを共通している。これらはすべて、企業中心のグローバリゼーション、ネオリベラリズム、そしてそれらを推進する政治的権力者たちへの拒否である。どのケースにおいても、有権者たちは、今日の金融資本主義を特徴付ける財政緊縮、自由貿易、略奪的債務、不安定な薄給の仕事という致命的な組み合わせにNOを突きつけた。それらの選挙結果は、この形式の資本主義の構造的危機に対する応答であり、その構造的危機は、2008年〔リーマンショックの起きた年〕に初めてグローバルな金融秩序がメルトダウン同然に陥った事態によって白日のもとにさらされたものだ。

しかしながら最近まで、この危機への主要な応答は社会的抗議運動だった--もちろんドラマティックで生命力があるが、大体は短命な--。対照的に政治システムは、比較的安泰で、いまだ政党官僚や権威あるエリートたちに牛耳られているように見えた、少なくともアメリカやイギリス、ドイツのような強力な資本主義国家では。しかしながら今や、選挙の衝撃はグローバル金融の要塞を含む世界中に鳴り響いている。トランプに投票した人々は、ブレグジットの投票者やイタリアの改革への反対者たちと同様、その政治的支配者に反抗して立ち上がった。それらのひとびとは、政治的支配層を鼻で笑い、この30年間自分たちの生活条件を侵食してきたシステムを否認した。驚くべきは彼女・彼らがそうしたことではなく、そんなにも長くかかったことである。

にもかかわらず、トランプの勝利はグローバル金融への反乱だけではない。彼に投票した人々が拒否したのは単なるネオリベラリズムではなく、「進歩的な」ネオリベラリズムだった。これは矛盾しているように聞こえるかもしれないが、アメリカの選挙結果とおそらく各地で起きているいくつかの出来事を理解する鍵を握っているのはこのねじれているが現実に起きている政治的連合である。アメリカの場合、進歩的ネオリベラリズムは、一方の新しい社会運動(フェミニズム、アンチ・レイシズム、多文化主義、LGBTQの権利運動)の主流と、他方での高級志向の「象徴的な」サービス産業に基づいた経済セクター(ウオール街、シリコンバレー、ハリウッド)との連合である。この連合において、進歩的勢力は、とくに金融化の認知資本主義の力と効果的に連結した。しかしながら、知らずに前者はその魅力を後者に貸し出した。理論上は違った結末を与え得るはずの多様性やエンパワメントといった理想は、今や、製造業とかつて中流階級の生活をなしていたものを破壊した政策の表面を飾っている。

進歩的ネオリベラリズムは過去30年間にわたってアメリカで発展し、1992年のビル・クリントンの選挙によって承認された。クリントンは「新しい民主党」の主要なエンジニアかつ標準的な伝承者であり、トニー・ブレアの「新しい労働党」のアメリカ版だった。組織化された製造業労働者やアフリカ系アメリカ人、都市の中産階級のニュー・ディール連合に代わって、彼は、企業家、郊外居住者、新しい社会運動、若者、多様性や多文化主義、女性の権利を信ずる本当の現代の進歩主義を主張するすべての人々の新しい連合を築いた。そのような進歩的な観念を支持しながらも、クリントン政権はウォール街の機嫌取りをした。経済をゴールドマン・サックスに差し出し、銀行システムを規制緩和し、脱工業化を促進する自由貿易協定を協議した。脇に追いやられたのはラスト・ベルト地帯である、かつてニュー・ディール時代の社会民主主義の牙城であり、今や大統領選挙人団をドナルド・トランプへ運んだ地域。この地域は、南部のより新しい産業の中心地と共に、この20年間を通して広がった高騰する金融化に大きな打撃を与えた。バラク・オバマを含む彼の継承者に継続され、クリントンの政策はすべての働く人々、とくに製造業関連会社に雇われた人々の生活条件を切り下げた。つまり、クリントン主義は組合の弱体化、実質賃金の切り下げ、仕事の不安定性の上昇、機能停止した家族賃金に代わる二人稼ぎ手家庭の増加について大きな責任がある。

最後の点が示唆するように、社会保障の圧殺は、新しい社会運動から借りられた解放的な魅力のベニヤ板で飾られた。製造業が爆発していた時期、国中が「多様性」や「エンパワメント」、「差別反対」の話で騒がしかった。これらの言葉は、「進歩」を平等ではなく能力主義と同一視して、「解放」の意味合いを、序列を廃止することではなく、勝者総取り方式の企業の序列の中で「有能な」女性やマイノリティ、ゲイなどの小さなエリートが増加することと見なした。これらの「進歩」のリベラルで個人主義的な理解は徐々に、60-70年代に広がった解放の、より拡張的で反序列的、平等主義的で階級に意識的で、反資本主義的な理解に取って代わった。ニュー・レフトが弱体化すると、その資本主義社会の構造的批判は消え、この国に特徴的なリベラルで個人主義的な姿勢が再び現れ、「進歩主義者」と自称左翼の情熱は見えないほどに縮んだ。しかしながらこの扱いを封印したのは、この展開とネオリベラリズムの台頭の同時発生だった。資本主義経済の自由化に傾注する政治団体は、「lean in〔女性がビジネス界などに進出しようとすること〕」や「ガラスの天井を破る」ことに専念する能力主義的な企業のフェミニズムに完璧な仲間を見出した。

その結果は、解放の切り縮められた理想と金融化の致命的な形式を混ぜ合わせた「進歩的ネオリベラリズム」だった。トランプの支持者に完全に拒否されたのはその混合だった。この勇敢で新しいコスモポリタン世界から取り残された人々の間で目立つのは、もちろん製造業の労働者であり、そしてまた経営者、中小零細企業、ラスト・ベルト地帯と南部の産業を必要とする人々、同様に失業とドラッグで破壊された農村地帯の人々だった。これらのひとびとにとって、脱工業化による傷は、彼女・彼らをおきまりのように文化的に遅れていると見なす、進歩派の説教による侮辱によって悪化させられた。グローバリゼーションを拒否することで、トランプの支持者たちはそれと同一視されるリベラルなコスモポリタニズムをも否定した。(全てではないが)ある人々にとっては、自らの状況の悪化を政治的正しさ〔ポリティカル・コレクトネス〕や有色の人々、移民やイスラム教徒のせいにするのはたやすかった。彼女・彼らの眼の中では、フェミニストとウォール街の連中は同類であり、ヒラリー・クリントンの中に完全に統合されていた。

この合成を可能にしたのは、本当の左翼の不在だった。「オキュパイ・ウォールストリート」のような定期的だが短命な爆発にもかかわらず、この何十年というものアメリカでは持続的な左翼が存在しなかった。一方にある金融化を批判するトランプの支持者の正当な不満と、他方の反レイシスト、反セクシスト、反序列的な解放の世界観を結び付けられる左派のわかりやすい語りはどこにもなかった。労働と新しい社会運動の間の破壊的でかつ潜在力のある結びつきは弱体化したままだった。左翼を実現するには不可欠な両極は、互いにバラバラになり、意見が合わず、正反対に位置づけられるままである。

少なくとも驚くべき初期のバーニー・サンダースの選挙運動まで、彼はBlack Lives Matter〔警官による黒人殺害などの黒人差別に反対する運動〕に突き動かされて以後、両者の結びつきのために闘った。サンダースの反乱は、優勢なネオリベラルの常識を打破し、トランプのそれの民主的な側面と共通点があった。トランプが共和党の権力者たちを負かした時、バーニーはオバマの継承者の指名に僅差で負けようとするころだった。民主党ではオバマの党員たちがすべての権力の段階を支配していた。その間、サンダースとトランプがアメリカの有権者の大多数に衝撃を与えた。だがトランプの反動的なポピュリズムのみが生き残った。トランプが、高額寄付者や党の大物たちに好まれる者たちを含め共和党のライバルを簡単に負かしている間、サンダースの反乱は、民主的でない民主党によって効果的に抑えられていた。一般投票のころまでには、左翼のオルタナティブは抑圧されていた。残されていたのは反動的なポピュリズムと進歩的なネオリベラリズムのホブソン的な選択〔究極の選択、選択の余地のないこと〕だった。いわゆる左翼がヒラリー・クリントンに対抗して結束した時、死が約束されたのだ。

にもかかわらず、またこの地点から、これは左翼が拒否すべき選択となった。社会保障の解放に反対する政治家階級によって私たちに提示された用語を認めるよりも、現在の秩序に対する社会的な反感の圧倒的な広がりに基づいてそれらを再定義するよう努めるべきである。社会保障に反対する「金融化と解放」を支持するよりも、金融化に対抗する解放と社会保障の新しい連合を築くべきである。サンダースのそれに基づくこのプロジェクトでは、解放は企業の序列を多様化することを意味するのではなく、それを廃することを意味している。そして繁栄とは、株の配当が増えることではなく、すべての人々にとって良い生活が送れる物質的必要が満たされることである。この組み合わせのみが、現局面で、唯一の信念があり見込みのある回答であり続けている。

わたし個人としては、進歩的ネオリベラリズムの敗北のために涙を流すつもりはない。もちろん、レイシストで、反移民、反エコロジカルなトランプ政権から恐れるべきことは多い。だがネオリベラルのヘゲモニーの内部崩壊も、クリントン主義による民主党の破壊もどちらも嘆く必要はない。トランプの勝利は解放と金融化の連合の敗北を印している。しかし彼の大統領の任期は現在の危機への解答も、新しい体制の約束も、安定的なヘゲモニーもどれも与えはしない。むしろ私たちが直面しているのは、空白期間、誰もが精神と心を手に入れられる開かれた不安定な状況である。この状況下で、危険だけではなく機会もあるのだ、新しいニューレフトを築くための。

それが起きるかどうかは、部分的には、クリントンの選挙運動に集まった進歩派たちの徹底的な自己反省にかかっているだろう。彼女・彼らは、ウラジーミル・プーチンとFBIに支援された「愚かな奴らのバスケット」(レイシスト、女性差別者、イスラム嫌悪者、ホモフォビア)に迷い込んだという心地よいが誤った作り話をやめる必要があるだろう。彼女・彼らは、能力主義と多様性、エンパワメントに関して解放を誤って理解したために、社会保障や良質な生活水準、労働者階級の尊厳を犠牲にした責めを負うべき部分があることを認める必要があるだろう。サンダースの「民主的な社会主義」というキャッチフレーズを蘇らせ、21世紀にそれはどのような意味を持つかを考え、どうすれば金融資本主義の政治経済を変容できるか熟考する必要があるだろう。とくに、彼女・彼らは、レイシストでも右翼でもない多くのトランプ支持者たちに手を伸ばす必要があるだろう、その支持者たち自身が「不正なシステム」の被害者であり、活性化した左翼の反ネオリベラル・プロジェクトに採用されうる、されるべきひとびとである。

これはレイシズムやセクシズムに関する緊急の懸念を無視するものではない。そうではなく、金融資本主義下で長い間歴史的に抑圧されてきた人々が今日どのように新しい表現と根拠を見つけ出すかということを意味している。わたしたちは選挙運動を支配していた誤ったゼロ・サム思考に反論し、女性や有色の人々を苦しめる危害と、トランプに投票した多くの人々の経験を結びつけなければならない。そのようにして、生き返った左翼が全ての人々のために闘える強力で新しい連合のための基盤を作ることができるだろう。




























[PR]
by anti-phallus | 2017-01-28 23:19 | フェミニズム | Comments(4)

アンジェラ・マクロビー「アンチ・フェミニズム、過去とこれから」

 アンジェラ・マクロビーのネット上の寄稿を訳しました。マクロビーはイギリスのメディア研究のフェミニストで、日本ではカルチュラル・スタディーズの分野で知られています。
f0210120_13202914.jpg

 彼女は、本文中でも触れられている『the aftermath of feminism』が大変面白いです。それは2009年の本なのですが、今回訳出したテクストは2016年11月公開のものなので、今日本でも話題沸騰(・・・)しているトランプ米大統領についてがメインの話題となっています。
 トランプ氏については、日本で語られるときは移民排除や人種差別の問題について批判されることが多く、女性差別についてはネタ的に、「こんなこと言ってるよ〜」みたいなノリで語られがちな印象がありますが、そうではない深刻な問題が横たわっていることを論じています。ヨーロッパ、アメリカだけではなく日本も含め、女性に対する抑圧や暴力が増大しており、にもかかわらず十分な批判がそこに向けられない状況に今あるということです。トランプ氏は、早速中絶の権利を抑制する政策を出し始めているようですね。(日本では中絶について、今でも刑法堕胎罪で原則は犯罪化されているーーーけれども母体保護法で条件付き許可されるという二重体制ーーーことを知る人すらほとんどいない状況・・・)
 このテクストの中でフレイザーのネオリベラル・フェミニズム批判についても触れられていて、そういう意味でも目を引きます。フレイザーとマクロビーの現状分析の内容と方法における共通性と個性を考えるのも大事なことかと。
 ちなみに「anti-feminism」を初め「反フェミニズム」と訳していたのですがカタカナにしちゃったほうが通りやすいのかと思いそうしてあります。ほかにも短いのに訳しにくい表現が多々あり、間違い等あればお知らせください。

原文は:


アンチ・フェミニズム、過去とこれから


暴力の危険と脅威が女性を待っている。アンチ・フェミニズムの新局面へようこそ。

シルヴィオ・ベルルスコーニがイタリアの首相だった時、わたしたちはアメリカで起こることの予兆を目にしていた。ベルルスコーニはメディア界の大物であり、道化を演じたがるが常にそこには脅しを忘れないショーマンであり、現実生活では、トニー・ソプラノであり、彼にとって女性はセックスの対象に過ぎなかった。ミシェル・オバマが外交上、この男性と握手しなければならない不快感で身をすくめる瞬間をカメラが捉えたのを思い起こそう。

ベルルスコーニは、全身全霊で、自立的な女性の増加に反対した。彼は、女性が身のほどをわきまえ、母、祖母、愛人、ショーガールとして従属していた時代まで時計を巻き戻そうとする男性だった。私の世代の女性なら誰もが、この種の、もはやお咎めなく女性の背中を縛り付けることができないことに憤慨している男性に馴染みがあっただろう。

世界の舞台でドイツのアンジェラ・メルケル首相のような強い女性と対面しなければならない時には、ベルルスコーニはジョークを飛ばし、彼女をからかい、男子生徒のように振る舞い、彼女の後ろではまるで彼女が乳母のような存在にすぎないかのように「おかしな顔」を作って、結果的に「あなたとまじめに付き合う気はない」と示していた。

フェミニストの主張に現実に直面すると、彼は伝統的なポスト・フェミニストの姿勢をとり、フェミニストに対して魅力がなく、年をとって、ムカムカすると侮辱する一方で、同時に、彼の政権に、無資格のステレオタイプ的にグラマーな女性を権限のある地位に登用した。彼はいつも新しい形の「中道派の」ファシズムをちらつかせ、普通の男性を代表するために左派とポピュリストを厳しく否定し、スカートは法ギリギリの長さまでにしておきたがった。

何年か経った現在、ドナルド・トランプの勝利はより大きなスケールでこれらと同じ特徴を示している。トランプの謝罪もされない性差別は、今や自信を持って再び自己主張する家父長制の反乱に自由を与えたようだ。これまでは、アンジェラ・メルケルやテレサ・メイ英国首相やニコラ・スタージョンスコットランド首相を見ればわかるように、家父長制は停止していると見られていたのだが。低次元の「外交的」でない侮辱は、権力の特定の行使の形式を映しており、女性を所属政党にかかわらず押し込めようとする方法である。

2016年の11月8日以来、多くのフェミニストがなぜそんなに多くの白人女性がトランプに投票したのかと問い直している。これは女性自身のミソジニー(女性嫌悪)を示しているのだろうか?ヒラリー・クリントンに、「エリート白人フェミニズム」を信奉し、合衆国の労働者階級女性との結びつきに失敗したと多くの怒りが向けられた。だが多くの黒人や他の民族的マイノリティの女性たちはクリントンに投票した。トランプの立候補中に示されたレイシズムのためだけではなく、夫や父親に保護されあるいは男性稼ぎ手に支えられるフェミニスト以前の女性になるという幻想は、もはや彼女たちを引きつけなかったからでもある。労働市場の人種化された特性は、この幻想に似たようなモデルが生まれるのをほとんど許さないし、したがって1950年代の典型的な主婦の時代に戻るような発想は出てこなかった。

どちらにしても、クリントンが自分たちの給料が何十年も上がらないままのふつうの女性有権者たちにつながれなかったという議論は、なぜ、彼女たちの多くが、彼女たちの権利を再生産に制限しようと用意し、そしてあらゆる種類の男性と平等なレベルでの職場への参加の能力を邪魔しようとする男性に進んで投票したのかということをいまだ説明していない。この現象は、アンチ・フェミニズムを検討することによってのみ説明可能である。

アンチ・フェミニズムは色合いを変え続けるが、決して去ることはない。ライターであり活動家であるスーザン・ファルーディが重要な著書『バックラッシュ』で記録しているが、合衆国においてリベラル・フェミニズムと社会主義フェミニズムの高まりとほぼ同時に、「モラル・マジョリティ」の怒れる反対運動の支持者たちが立ち上がった。私の著書『フェミニズムの余波(The Aftermath of Feminism)』で、より不快でもなくより進歩的な、あるいは親女性的でさえある力を持つように見えるこのバックラッシュの後の複雑化した状況を追った。

この運動は女性、特に若い女性の擁護の新しい形を伴った。彼女たちが、フェミニズムを古くてアナクロで全く魅力のない帽子として捨て、女性の個人化という「頑張る」道を選ぶという条件付きで。これは、新しい能力主義の中でフェミニズムの助けなしに容易に目標を達成できる野心的で競争心の強い人気者の少女の「ポスト・フェミニズム」だった。

イギリスのトニー・ブレアの任期中、この精神が政治文化とポピュラー文化に広がった。女性たちが笑顔を浮かべ素直な「ブレア・ベイビー」となるよう期待された時、フェミニズムは冷蔵庫に入れられた。私はよく思い出せるが、仕事の問題や雇用、ジェンダーやセクシュアリティに興味のある女子学生すらもがフェミニズムを拒絶し、それなしでやっていけると感じていた時代だ。若い男性のように後ろポケットにウイスキーの小瓶を忍ばせ、ラップダンスクラブに喜んで連れ立ってある種の「男根的な女性性」に感染するのが流行っていた。

ナンシー・フレイザーと何人かは、この種の業績に駆り立てられ、あるいは選択にもとづいた女性のエンパワメントの観念を宣伝することによってネオリベラルな秩序と共犯者になったとあるフェミニストたちを批判した。彼女たちは少数にのみ許される陽の当たる場所を認めることで資本主義に売り出したという複雑な方法で。その過程で、リベラル・フェミニズムの多くは、よりあからさまにマーケット主導で競争主義的な女性の成功の思想へと変質したが、この「ネオリベラル・フェミニズム」の形すらトランプ的な世界観にとっては嫌悪の対象かもしれない。

同時に、多くの異なるタイプと形式のフェミニストの運動と組織を含むフェミニストのルネッサンスも起きている。「エブリディ・セクシズム」プロジェクトはフェミニズムが近年そんなにも求められていることを示す最良の例の一つだ。同時に重要なのは、イギリスの「the F Word」や、アメリカのフェミニストがトランプの悪名高い「プッシーをつかむ」発言に抗議するために活気づけたやり方のような、この10年間のウェブ・アクティビズムだ。しかし、すべての老若のフェミニストたちを驚かせたのは、この新しい可視化が生んだ虐待や暴力、中傷の激しさだった。

アンチ・フェミニズムは今やより過激な鋭さをもっている。この憎悪はインターネットに本拠地を見出し、Jo Cox議員の無残な死が示したように、そこから街頭へ移動した。表向きにはコックスは移民や政治亡命希望者への憎悪の傾向を除去しようとしたために殺されたとされている。だが彼女が女性だったことも偶然ではないように思われる。殺害の脅迫を受け警察の保護を必要とすることになった女性の活動家や政治家、コメンテーターのリストはこの12ヶ月で急激に増えている。痛ましくもコックスは保護を要請するまでに至らなかったが。

脅迫と暴力の脅しは、お互いに喧嘩の構えを取りたがる男性とは違い、女性に対して特有の意味合いがある。ベルルスコーニは、女性は一家の男性に逆らうと叩かれるゴッドファーザー映画の王国に所属していた。トランプは近年の彼の多くの発言の中で、挑発的に、「怯える」必要はないと言ったが、新しいバックラッシュは、ある立場をとろうとする女性へのあからさまな挑発の形をとっている。避妊や中絶に関してついに得られた権利の核心はいまやかつてないほどに脅威にさらされている。「第2波フェミニズム」の頃から闘われなければならなかった自由を守るよう求められているのは女性自身である。

この脅威がどれほど現実的なのかはいえないが、最近のこのバックラッシュをみると、女性たちには、女性たち自身のために、またその娘や夫や父、息子のために、階級や民族の境界を超えて、真剣に権利を擁護する新しい方法を見つける緊急の必要性がある。フェミニズムがこれまでそしてこれからもその生をより良いものとするものであることを思い起こす必要もあるのだから。










[PR]
by anti-phallus | 2017-01-25 13:25 | フェミニズム | Comments(0)