菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

最新の記事

ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45
 辺野古 圧殺の海 第2章
at 2016-08-10 15:31

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> maonosukeさ..
by anti-phallus at 13:16
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 14:39
論文を読みたいのですが、..
by maonosuke at 08:05
> yasuokaさん ..
by anti-phallus at 12:58
卒論で「女子力」を取り上..
by yasuoka at 23:52

画像一覧

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

宣伝・ポストフェミニズム論

 最近書いたものの宣伝をします。

『ジェンダーにおける「承認」と「再分配」   格差、文化、イスラーム』
越智博美・河野真太郎編、彩流社 2800円+税
出版社HP →ココ

・・という本に、「ポストフェミニズムと日本社会」と題する論文を書きました。

 この本には、全体を通してネオリベラリズムが進行し、フェミニズムが「簒奪」されているかのような現代社会をどうにか切り開こうとする問題意識が通底しています。

 帯より。
「多様性が承認される「自由」な社会。「自由な個人」として不平等な市場に組み込まれるわたしたち。文化か、経済か。承認か、再分配か−−−−−−このジレンマを乗り越えることは可能なのか。
ポスト新自由主義を見すえるジェンダー研究の最前線。」

 私が書いたのは、英米のポストフェミニズムの議論を紹介しながら、それが日本の現状に照らし合わせるとどうなのか、ということです。フレイザーの問題意識とも絡めながら、ネオリベラリズムのジェンダー・パラダイムともいうべきポストフェミニズムを、日本の現実から批判していくことが今最も重要なことのひとつだと思っています。

他にも先鋭的な問題提起が多く収められています。
 どうぞお読みください。


=====================
目次

第一部 承認と再分配の問題とは何か
第一章 承認論とジェンダー論が交叉するところ(藤野 寛)
第二章 フレイザーとバトラーの「再分配/承認」論争(加藤 泰史)
第三章 ポストフェミニズムと日本社会(菊地 夏野)
    —— 女子力・婚活・男女共同参画
第四章 〈分配か承認か〉の手前で(岡野 八代)
    —— ケアの倫理からの再考
第五章 分配的正義から交換的正義へ(中山 徹)
    —— 「我が家の楽園」としてのコミュニズム

第二部 承認、再分配、そして文化
第六章 「貧困との戦い」の行方(越智 博美)
    —— 貧困の文化化とアパラチア
第七章 学習社会とポストフェミニズム(河野 真太郎)
    —— 『リタの教育』における終わりなき成長
第八章 シングルマザーが夢見るユートピア(町田 みどり)
    —— 『時を飛翔する女』における「家族」のオルタナティヴ
第九章 承認の外へ(井上 間従文)
    —— 根間智子と仲宗根香織の写真における「問い」としての沖縄
第十章 フランスの地方美術館による作品収蔵と芸術家の様相(小泉 順也)
    —— 印象派とポスト印象派を中心に

第三部 イスラームと女性
第十一章 イスラームと女性の地位(鵜飼 哲)
     —— まず、知るべきこと
第十二章 現代フランスにおける「スカーフ論争」とは何なのか(森 千香子)
     —— レイシズムと女性の身体をめぐって
第十三章 表象=代表 (representation) 、知識人、教育(中井 亜佐子)
     ——マララ・ユスフザイの国連スピーチを読む

================================
[PR]
by anti-phallus | 2015-05-18 16:01 | 仕事 | Comments(0)

「慰安婦」問題・歴史家声明に思うこと

 今月初め、アメリカの日本研究者ら187人が「日本の歴史家を支持する声明」を発表した件が話題になっている。これは「慰安婦」問題などの解決で、安倍首相の「大胆な行動」に期待を表明したもの(朝日新聞)として、さまざまな反響があるようだ。

 色々な見方ができると思うが、まあまずは、安倍政権はかなり反発を買っているということだろう。声明の内容を見ると、かなり日本の立場に配慮した文面が多い。そのような配慮を持ってしても、このような「異例の」政治的呼びかけをしなければいけない程に、今の日本の政治は危機感を持たれているということだ。

 その上で、どうも報じられ方、論じられ方に違和感があるのは、どうして日本のマスコミは、こういうアメリカの「権威」に弱いんだろうという思いが湧いてしまうからだ。これまで「慰安婦」問題が浮上してから25年間近く、被害女性たちは何度も何度も声を上げ、ずっと運動を続けている。それなのに、とくに近年彼女たちの声を報じるマスコミがどれだけあるだろうか。
 朝日新聞が吉田清治証言問題でバッシングされて以来、その傾向には拍車がかかっている。
 であるのに、こういった権威が声を上げると途端に報道され注目される。歴史学者らが声を上げたのを批判したいのではない。彼女・彼らがこの問題で何らかの立場を発信するだけでも相当の覚悟や準備、苦労があったことだろう。日本のマスコミにしても、こういった「権威」のものでもないと、報道できない、という事情もあるだろう。

 そう推察しながらもやはり、どうしても、本当に問題を解決したいならば、被害女性たちにまず耳を傾けるべきだという原則論を繰り返さざるを得ない。「慰安婦」問題は性暴力の問題だ。もうこの間この本質がすっかり隠蔽されてしまっていて、「国家間の問題」や「民族間の問題」として語られている。この語られ方自体に限界があるのだ。
 被害国・被害地域の女性たちの運動、加害国・日本の女性運動の歴史がある。わたしたちはそれを尊重し、そこから学んで、解決を考えていかなければならない。あまりに当たり前のことなので、もう自分で書くのも情けない感があるのだけど。
[PR]
by anti-phallus | 2015-05-14 21:18 | 日本軍「慰安婦」問題 | Comments(2)