菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事ランキング

最新の記事

ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45
 辺野古 圧殺の海 第2章
at 2016-08-10 15:31

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> maonosukeさ..
by anti-phallus at 13:16
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 14:39
論文を読みたいのですが、..
by maonosuke at 08:05
> yasuokaさん ..
by anti-phallus at 12:58
卒論で「女子力」を取り上..
by yasuoka at 23:52

画像一覧

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

腰には放射線計

 ニュースを見るたびに茫然とする。茫然としているだけでは辛くなるので書くことにする。
 福島の小学校では、教師の腰には放射線計が下げられ、登校時間から下校時間まで計測を続けることになったという。教師は「これで保護者の不安が解消するなら有効だと思う」。体育の時間も外でなく、体育館で授業を行うそう。
 子どもたちが校庭で遊べない。常に放射線の上がり下がりを気にしながら教師は授業を行う。こんな状態で、なぜ学校を動かさなければならないのだろうか。
 ウルリッヒ・ベックは、「許容値」というマジックワードによって許容値までのリスクは無害視され、また許容値の設定されないリスクも無害化されると指摘する。
 ベックの書は、チェルノブイリを受けて書かれたものだが、まさに今の日本社会を預言しているようだ。
 計測して、国のいう許容値以下であれば安全だといえるのか?放射能には「いき値」はない。例え微量であってもそれは安全とはいえない。許容値以下であろうとリスクはリスクであって、それは決して安全ではない。なぜ、そんなところに子どもたちをおいておくのだろうか?
 国や自治体がすぐに子どもたちを「疎開」させることは財政的に無理であっても、せめて学校を休校してくれれば、保護者は危機感を持って自分たちのおかれている状況を考え直せるだろうし、避難・疎開できる者はするだろう。せめてそれくらいの決定権は与えてくれてもいいのではないだろうか。
 (ソ連はチェルノブイリ事故のさい、1ミリシーベルト以上の地域には移住権を与え、5ミリシーベルト以上では強制移住させたという。それをこの日本では、移住させるどころか基準を緩め、20ミリシーベルトまで許容させようとしている。)
 こんな事態なのに普通に学校を運営することで一体誰が得をするというのだろうか?わたしは、東北や北関東一円で学校は休み、事態が落ち着くまでは避難する者は避難し、残る者は対応について協議を続けるべきだと思う。そこまで広くできなくとも、せめて福島や宮城くらいは休校にすべきだ。
 ところが休校どころか、普通に学校が営まれる、腰に放射線計を下げながら。
 しかも放射線計による計測は、「保護者を安心させるため」だという。決して、子どもの安全を守るためではないのである。ここでも、事故直後から政府とテレビが流してきた「安全」神話がのぞいている。政府や学校などの権威が「安全」だといえばそれは本当に「安全」なのである。現実には空気中に放射性物質が浮遊していたとしても。基準、許容値以下の数値であれば「安全」なのだ。そしてそれらのメッセージによって保護者が「安心」すればそれで解決。「安全」世界のできあがり、空気は汚染されながら。
 一体、学校は何のため、誰のためにあるのか。子どものためにあるのではないことが自明になった。学校は、おとなのため、汚染を「無害化」したいおとなのためにあるのである。何年後かに福島の若者のうち、高い確率で甲状腺ガンが発病したとしても、そんなことより、今普通に、通常の学校を動かすことが大事なのである。
 まさにこれが日本である。どんなことがあろうとも、いつも平静、普通に毎日を送る。お父さんは会社に行き、お母さんは家事、子どもは学校に行く。あわててはいけない、パニックになってはいけない。異常事態はどこにも発生していない。日本はいつも平和。国民は皆幸せ。文句を言う国民は誰もいない。被災地には天皇ご夫妻があの無表情な笑顔で哀れみにくる。
 原発が爆発し、空気も海も植物も動物も汚染されても、この平和な日本は変わらないのである。
 ああ頭がおかしくなりそう。
[PR]
by anti-phallus | 2011-04-27 21:47 | つれづれ | Comments(0)

福島の子どもたち

 ずっと混乱状態が続いていて、何とか日々の生活と仕事が最低限はできているのが救いです。
 原発の方、最悪の事態にはいたらず推移しているものの、政府の対応の方があまりにずさんで、
怒りでお腹が痛くなるときがあります。何をブログに書いたものやらまとまらず、せめて
下記の情報だけは載せておきます。二次集約をしているそうです。
 これまで、日本軍性奴隷制などアジアの戦争犠牲者に対する日本政府、日本社会の無視、
切り捨てについて腹を立ててきました。ですが、今生きている、「日本人」である子どもたちに
対してまで、切り捨てができる社会に私が住んでいるとは、思いませんでした。
 多分このブログをのぞいてくれるような、ネットユーザーは、今の事態の深刻さを
知っている方が多いと思います。問題は、ネットにあまり触れない、テレビや新聞のみから
情報を得るようなひとびとでしょう。そういうひとびとにどうつないだらいいのでしょうか。

以下転載=====================================

【緊急声明と要請】子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人
道的な決定に抗議し、撤回を要求する
http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201104/23

4月19日、文部科学省は、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の
目安として、年20ミリシーベルトという基準を、福島県教育委員会や関係機関に
通知した。この年20ミリシーベルトは、屋外で3.8マイクロシーベルト/時に相
当すると政府は示している。

3.8マイクロシーベルト/時は、労働基準法で18歳未満の作業を禁止している
「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)の約6倍に相当する線
量を子どもに強要する、きわめて非人道的な決定であり、私たちは強くこれに抗
議する。

年20ミリシーベルトは、原発労働者が白血病を発症し労災認定を受けている線量
に匹敵する。また、ドイツの原発労働者に適用される最大線量に相当する。

さらにこの基準は、大人よりはるかに高い子どもの感受性を考慮にいれておらず、
また、内部被曝を考慮していない。

現在、福島県によって県内の小・中学校等において実施された放射線モニタリン
グによれば、「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)に相当す
る学校が75%以上存在する。さらに「個別被ばく管理区域」(2.3マイクロシー
ベルト/時以上)に相当する学校が約20%も存在し、きわめて危険な状況にある。

今回、日本政府が示した数値は、この危険な状況を子どもに強要するとともに、
子どもの被曝量をおさえようという学校側の自主的な防護措置を妨げることにも
なる。

文科省は、20ミリシーベルトは、国際放射線防護委員会(ICRP)勧告Pub.109お
よびICRP3月21日付声明の「非常事態収束後」の基準、参考レベルの1-20ミリ
シーベルトに基づくとしているが、その上限を採用することとなる。

21日現在、日本政府からは、本基準の決定プロセスに関しては、何一つ具体的な
情報が開示されていない。また、子どもの感受性や内部被曝が考慮されなかった
理由も説明されていない。文科省、原子力安全委員会において、どのような協議
が行われたのかは不明であり、極めてあいまいな状況にある(注)。

私たちは、日本政府に対して、下記を要求する。

・ 子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること
・ 子どもに対する「20ミリシーベルト」という基準で安全とした専門家の氏名を公表すること

(注)4月21日の政府交渉で、原子力安全委員会は正式な会議を開かずに、子ど
もに年20ミリシーベルトを適用することを「差支えなし」としたことが明らかに
なった。また、4月22日、5人の原子力安全委員の意見とりまとめについて議事録
は無かったと、福島瑞穂議員事務所に回答している。

(参考)
4月21日付ドイツシュピーゲル誌の20ミリシーベルト設定に関する記事(「文部
科学省、子どもたちに対してドイツの原発労働者と同様の被爆限度基準を設定」)
より、専門家のコメント

エドムント・レンクフェルダー(オットーハーグ放射線研究所)

「明らかにがん発症の確率が高まる。基準設定により政府は法的には責任を逃れるが、道徳的には全くそうではない。」

※参考情報:4月21日、文科省・原子力安全委員会との交渉報告(FoEブログ)
http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201104/21
[PR]
by anti-phallus | 2011-04-27 00:22 | つれづれ | Comments(0)

情報統制

 しばらくショックでへこんでいて、仕事も手につかなかった。数日前から再起中。
 原発震災関連の動画や情報を集めていて、地震から日が経つにつれて様々にジャーナリストらによる報告・分析が公開されてきている。そんななか、政府がインターネット上の情報統制の指示を出したようである。

 ここはそれを危惧するサイト。

 非常に危険な動き。既にテレビは統制下にあり、まともに判断できる情報は流してくれない。だからこそネットが必要なのに。

 追記
 早速、ネットの統制が始まりました。斉藤和義の反原発ソングがyou tubeから削除された模様。今は残ってるこちらのサイトで、消される前に聞いてください。
 twitterによれば、同曲がリアルタイムで削除されアップされ削除され、を繰り返しているようでした。
 なんかもう毎日が戦時下みたいになってしまっている。原発事故と戦争って違うだろう?日本政府はなんでここまでやるんだ。一体何のために?「パニックを防ぐために」といわれているけど、日本ではパニックは起こらないと思う。この約1ヶ月でそう思った。パニックになる思考様式を日本人はもっていない。どんなときでも淡々と、日常を過ごそうとする。日本人を支配しているのは「あきらめ」のメンタリティ。政府を決して信用している訳ではない。社会的連帯を信用している訳でもない。「どうにかなる」「どうにでもなる」というような感覚のもと、今の秩序に従っておけば、危機にさらされるときには「みんないっしょ」だから「大丈夫」という奇妙な安心感。
 この空気にだまされずに自分の頭で考え判断しようとする人は、政府とマスコミの情報をうのみにせずネット等で情報を入手して自分で判断している。
 今の日本ではこの、安心神話に浸かっている人か、自分で判断して行動している人か2種類だから、決してパニックにはならない。
 政府が恐れているのは、パニックではなく、自分たちの立場が危うくなることだ。こんな人災を引き起こしてしまって、対応にも失敗続きで、この失敗ぶりが明らかになったら政権も企業も危うくなる。だから「安心」を言い募る。
 日本の人々は、正確な情報を知らされたからと言ってパニックになる可能性は低い。わたしはそのくらいには日本の人々を信用している。信用できない、うのみにしてはいけないのは政府とマスコミ。

追記
 斉藤和義の替え歌の削除は、日本ビクターによるものらしい。総務省の通達と直接の因果関係があるかどうか詳細は分からない。本人の意図を知りたい。
[PR]
by anti-phallus | 2011-04-07 15:38 | つれづれ | Comments(0)

情報混戦

 うーんテレビとネットと新聞とチェックしていると原発問題についてあまりにそれぞれで言っていることが違いすぎて頭が混乱…。
 どれかひとつしか見てないと確実に「偏りそう」…。ブログで書きたいことも混乱中で、書けません。。
[PR]
by anti-phallus | 2011-04-02 00:34 | つれづれ | Comments(0)