菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

記事ランキング

最新の記事

ナンシー・フレイザー「資本主..
at 2017-09-13 15:49
諦めが生む女性専用車両
at 2017-08-31 18:33
アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59
家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> 森さん お読みいた..
by anti-phallus at 16:53
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58

画像一覧

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東大バリアフリーシンポに行きます

 超忙しくて更新できません・・・・といいつつゲームはしてたりするんだけど。
ともかく公私ともに色んなことがあって、書きたいことはあるんだけど
きちんと頭を整理することができてない感じかな。

 とりあえず、来週末、以下の企画に参加します。
 テーマ的に、とても大事な、どきどきする企画です。自分が何をしゃべれるのかは
未定・・・・満足できればいいんだけど。

*************


第4回バリアフリーシンポジウム:
「当事者学」の誘惑「学」と「当事者」との関係を再考する

シンポジスト:
 市野川容孝(東京大学総合文化研究科教授)
 菊地 夏野(名古屋市立大学人文社会学部准教授)
 倉本 智明(東京大学大学院経済学研究科特任講師)
コメンテイター:
 福島  智(東京大学先端科学技術研究センター教授)
 星加 良司(東京大学教育学研究科講師)
司 会:
 飯野由里子(東京大学先端科学技術研究センター特任助教)

概 要
 近年「当事者学」が注目されています。一般に「当事者学」とは、それまで研
究の対象として記述・分析されてきたさまざまな「弱者」の経験/問題を、当の
「弱者」自身の視点から主体的に再定義する学術分野を指します。女性学・障害
学・患者学といった「当事者学」が、他者によって奪われてきた力を「弱者」が
取り戻していく、あるいは手に入れていく上で果たした歴史的な役割については、
一定の評価がなされているといえるでしょう。
 しかし、なぜ「当事者学」でなければならなかったのか? と問いなおしてみ
ることによって、浮かび上がってくる問題もあります。第一の問題は、当事者に
とっての「学」の意味に関わっています。社会的周縁に置かれてきた「当事者」
たちの経験や問題を、あえて「学」的な知識体系を用いて語りなおすことにはど
のような意味があるのでしょうか? また、それはなぜ必要とされたのでしょう
か? もちろん、「学」という名付けを獲得すること自体にメリットを見いだし
ている人もいるでしょう。しかし、「学」的な知識体系を利用することによって、
逆に見落とされてしまったり覆い隠されてしまったりするものもあるのではない
のでしょうか? 第二の問題は、「学」にとっての「当事者(性)」の意味に関
わっています。社会的周縁に置かれている「当事者」たちの語りや声は、「学」
的営みの中にどのようなものとして位置づけられるべきなのでしょうか?
 また、「当事者」の語りや声は、既存の「学」的営みにどのようなインパクト
を与えうるものなのでしょうか? さらに、そもそもそこで「当事者」として想
定されているのはどのような存在のことなのでしょうか?
 本シンポジウムでは、こうした疑問を出発点にして、社会学、障害学、フェミ
ニズムの専門家をシンポジストとしてお招きし、「学」と「当事者」との関係に
ついて議論を交わしたいと思います。はたして「当事者学」には依然として役割
はあるのか? あるとすればそれはどのようなものか?
 そんな課題について論点を整理し共に考えていく場になればと思っています。

   記

日 時:2010年6月4日(金)13:30~17:30

場 所:東京大学先端科学技術研究センター3号館中2階セミナー室
    http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/maps/index.html

主催:東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー分野
   /メリトクラシー研究会

参加費等:無料

情報保障:手話通訳・パソコン要約筆記

<お問い合わせ先>
バリアフリー分野  飯野 由里子
電子メール:iino@bfp.rcast.u-tokyo.ac.jp
電話:03-5452-5491
ファクス:03-5452-5062
☆その他何か個別にご要望等がありましたらご相談下さい。ただし、こちらでは
 対応できないこともございますので、その点は予めご了承下さい。
[PR]
by anti-phallus | 2010-05-29 23:11 | イベントの案内 | Comments(0)

日本軍「慰安婦」問題に見る日本の戦後思想

 『危機からの脱出』という本に書きました。
 伊藤誠・本山美彦編、御茶の水書房より。
 変革のアソシエの年誌です。
 タイトルのような依頼を受けて、悩んだ結果、丸山真男等について書きました。



f0210120_2111031.jpg

[PR]
by anti-phallus | 2010-05-23 21:11 | Comments(0)

デスパ

 色々あったいちにちの末に、デスパ(『デスパレートな妻たち』)を観て、笑ったり涙したりしているわたしって、けっこう普通なのかな。マクラスキーさんとイーディーは素直に好きと思える。
[PR]
by anti-phallus | 2010-05-02 00:21 | つれづれ | Comments(0)