菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

記事ランキング

最新の記事

ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45
 辺野古 圧殺の海 第2章
at 2016-08-10 15:31

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> maonosukeさ..
by anti-phallus at 13:16
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 14:39
論文を読みたいのですが、..
by maonosuke at 08:05
> yasuokaさん ..
by anti-phallus at 12:58
卒論で「女子力」を取り上..
by yasuoka at 23:52

画像一覧

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ワインの話

 ワインの話といっても、どの産地はいいとか、どの年はいいとかうんちくのある話ではありません。(うんちくを持ち合わせてないので・・・)
 単に雑感ですが、最近、市販の普通のワインが飲めなくって。というのはまずいからじゃなくて美味しいんだけど、飲むと翌朝頭痛がすることがあるんです。これ、単なる二日酔いだと思ってたんだけど、オーガニックのだとほとんどこういう症状は出ないんですよ。
 オーガニックでないワインは、コルクを開けると、きつい匂いがします。つーんと鼻に来る、薬っぽいにおい。飲むとぴりぴりと唇がしびれるような感覚もあります。これ酸化防止剤かと思いきや、オーガニックにも酸化防止剤は入ってるんですよね。何なんでしょう?前は気づかなかったんですけどね、
 でもそういうワインも、口の大きい入れ物に移してしばらく空気にさらしておくと、そのにおいはましになります。それで飲めば、翌朝も二日酔い率は低い、気がする。これはネットから得た知識に基づいて試してみました。カラフェに入れると良いと書いてありますが、うちにはそのようなしゃれたものはないので、コーヒー用のドリッパーを使ってます。
 
 ともあれやっぱりオーガニックワインが美味しいですよ。何が美味しいかというと、土の香りがします。後味に、なつかしいような、温かいようなひと味があります。
 この前オーガニックワイン専門店に行って赤ワインをお願いしたら、ミディアムボディばかり出されるんで、フルボディはないですかと聞いたら、オーガニックにはフルはないということでした。へ~。
 確かに別のオーガニックワイン専門店でも、「うちのワインは初めての人には軽いといわれる」としきりに言ってました。一般のフルボディは、市場の要請を受けてあえてそういう葡萄ばかり栽培しているそうです。重いワインが美味しいワインだと言われているため、そういうワインが売れるから、とおっしゃってました。
 うーん。。。。考えさせられますねえ(、そうでもない?)

 しかし、困っているのは、オーガニックワインが手に入りにくい、ということなんです。コンビニやスーパーではワインの品揃えは非常に悪い。安かろうまずかろうなものばかり。近くのスーパー(東海圏の方は必ず知ってる?バロー)では有機ワインをいちおう置いてるんですが、1種類だけで、まずくはないですがずーーーっともう1年以上そのラベルだけなのでいい加減飽き飽きしてます。市内にオーガニックワイン専門店はありますが、小さい店ばかりで、気軽に行ける場所にはない。ワイン好きの私には悲しい。。。
 ここで言いたい、世の中のワイン好きのみなさん、もっとわがままになって、美味しいオーガニックワインでないと買わない運動をしましょう!!
 ああ、でも酒飲みの常で、飲みたいときにはすぐ飲める酒でつい満足しちゃいますよね~・・・

 それと、もう一つ言いたいのは、日本産のオーガニックワインはまずい・・・・いつも売り文句に誘われて買っちゃうんだけど、もう80%以上の確率で、まずい。ジュースとアルコールを混ぜたような味で、妙に甘い。辛口と書いてあっても全然辛口じゃない。
 オーガニックや有機に限らず国産はおいしくないです。
 ほんとは日本産を応援したいんだけど、あの味では正直、信念からいって良いとは言えません。やっぱり気候や土が合わないのかな。
 もういいから、辛口といってあまあまのワインを売ったり、美味と書いてジュースに見まごうワインを売るのはやめたほうがいいんじゃないかなあ。
 
 がまんにがまんを重ね、ついにたまっていた不満を書いてしまいました。ワイン作りに頑張ってる方たちには申し訳ない気もするけど、こういうのは正直なところをいわないと、ワイン生産そのものが発展しないですよね。もちろん一個人の意見です。
 美味しいワインは人生の喜び!ですよね。
[PR]
by anti-phallus | 2010-04-25 22:28 | つれづれ | Comments(0)

まさにつれづれ

 ほっと一息ついたときに、ふと正気に返るときがある。
 世界が透明に見えるような。
 不安でいらいらしてたことや、心配してたこと、欲しいと思ってたことなんかがどれも一歩後ろに下がる。
 夜、ひとりでいるときなんかに。

 友人の悩みにシンクロして悲しくなったり、そしてそれで嫌になって怒ったり。あるべきものがないような気になってあせったり。
 いつも世界に振り回されている自分に、ふと気づくとき。

 自分が世界の中心に戻る、こういう瞬間は何にもまして代え難い。
 
 そして、世界の中心にあるということは、案外に所在なくて、いつでも出来ることではないと発見する。妙に心細く、せつないこと。それでいて、自分の中の力を感じ、ひとにももっとあたたかくなれる、そんな気もする。
[PR]
by anti-phallus | 2010-04-16 23:46 | つれづれ | Comments(0)

東京でイベント!6月6日 ユニオンWAN争議(6)

 ユニオンWAN争議に関連して、東京でイベントが開かれます。
 実はここ最近、この問題でニュースがなくてう~んと思ってました。また、前から、この争議がネット上では様々に論評されているにもかかわらず、リアルワールドでは団交以外に動きがないことも懸念していました。というのは、運動というのはやっぱり顔と顔を直接合わせて、当事者の人となりを知ってからじゃないと支援の気持ちがわきにくい面があるからです。わたしも遠藤さんをそれなりによく知っているから、こうやって支援しようという気になったというのもあります。
 色んな情報が乱れ飛んでいるなか、みなさん、まずは遠藤さんたちの顔を見て、直接話を聞いて、事の是非を判断してください。それがいちばん納得いく道だと思います。そのためにも是非、この貴重な機会をお見逃しなく。。

++++++++++++++++++++++

6/6 東京集会

「非営利団体や市民運動における雇用や無償・ボランティア労働を考える~ユニオンWANの事例から」

講師:遠藤礼子さん(ユニオンWAN)(カサイさんが可能な場合はカサイさんも。)

日時:6月6日(日曜)13-17時

場所:女性と仕事の未来館 第一セミナー室
(JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分/地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅 A1出口から徒歩1分
http://www.miraikan.go.jp/access/index.html)
[PR]
by anti-phallus | 2010-04-12 23:36 | ユニオンWAN争議 | Comments(0)

『フローズン・リバー』

 名演小劇場にて『フローズン・リバー』を観た。
 日曜昼間なのでけっこう客は入ってました。
 映画も前知識なく見に行った甲斐あり、純粋な感想として面白かった。
 かなり暗い、貧困の現実を突きつけるようにして描いていく中で、主人公の白人中年シングルマザーと、先住民の若い女性がちょっぴりずつ関係を築いていく。
 このふたりの女優がすごくて、最初のシーンで主人公の顔がじっくりアップされていきますが、深いしわ、がざがさしてそうな肌、よくない顔色というスカパーの化粧品CMでは今すぐ脱却すべきビフォー顔としてさんざんたたき込まれる「老化」サインのオンパレード。さらにパーマはかかっているけど手入れはされてなさそうなウェーブヘア、何より極めつけは「苦悩」や「恨み」を全く隠してない表情。わたしは思わず見入ってしまいました。
 マイ・フェア・レディ的なストーリーの映画ならば最後にはこういう女性もきれいに化粧やおしゃれをして幸せそうになっているものだけど、この映画ではあくまでも変わらない、辛そうな顔のまま終わった。
 世の中には色んな女性の生き方があるし、色んな表現の仕方がある。たいていは化粧をそれなりにして、顔色良く、幸せそうにするのが良しとされるけど、わたしはこの映画の主人公のような生き方のほうが好きかもしれない。理由は説明しがたいが。分厚い化粧をしていわゆる「美人」や「かわいい」を装っている人とはなんとなく友達になれないように思う。
 化粧せず、乱れた髪で、いらいらしている女性のほうが、なんだかちゃんと生きているように感じて、憧れてしまうなあ。
 
 もうひとりの女優のほうも、太めで、いつも不愛想顔。笑顔のシーンって思い出せない。けれどストーリーが進むにつれてその内面が分ってくると、不思議な愛着がわいてしまう。
 
 フェミニスト業界では、「自分の解放」ということで、楽しげな、さわやかな女性のイメージが尊ばれる部分があるように思う。キャリアはあるけど仕事にあくせくせず、自分の趣味を楽しんで、家庭もワーク・ライフ・バランス的で家事分担も平等で、子どももかわいがって・・・という。自分が幸せであることがフェミニズムの究極の目標みたいな。
 それはそれで分かる部分はあるんだけど、それはおいといて、自分の現実に対して不満が一杯で、腹を立ててばっかりで、ちっとも女らしくないひとのほうがけっこう魅力的に感じてしまうのはわたしがひねくれているせいでしょうか。たぶんそうなんだろうな。

 映画の感想というよりは独断と偏見に基づく印象論になってしまいました。××すみません××これは読まなかったことにして、とにかく映画観てください。おもしろいので。
[PR]
by anti-phallus | 2010-04-05 00:05 | シネマレビュー | Comments(2)

『セクシュアリティの障害学』

 最近読んで面白かったもの。倉本智明編『セクシュアリティの障害学』。
 とくに松波めぐみさんの章が興味深かった。障害を持たない女性の立場から、障害とジェンダー・セクシュアリティについて論じたもの。
 ロマンティック・ラブ・イデオロギーを基軸に、障害女性と非障害女性が異なる位置に置かれていること。とくに非障害女性がそれらの価値観から比較的自由だとしてもそれはある種の女性ジェンダー的特権性の裏返しではないかということ。
 鋭い分析と同時に筆者本人の問題意識がはっきり出ていてどんどん読める。
 ほかにも瀬山さん、土屋さんなどそれぞれの問題意識が感じられて面白かった。
[PR]
by anti-phallus | 2010-04-04 23:32 | ブックレビュー | Comments(0)

セックス・ワーク論と結婚制度

 やっとたまっていた仕事が終わった。ここ数年間は、博論前後にためた仕事の整理をしていたと思う、振り返れば。
 博論というのは大きな仕事だなと改めて思う。成果の発表まで含めて、それが終わらないと新しいテーマにいけない。でも博論って自分だけのペースで進められるものではなく、指導教官や発表先と交渉しながらやるものだから、ぽっかり空いた時間ができるときもあって、そんなときに新しいやりたいことに取りかかっても途中でそれを止めて博論のほうにもどらないといけなくなったりする。
 そういう中途半端な状態に一区切りついてほんとに嬉しい。がまんした感じだ。
 がまんした自分にごほうび、みたいなことをしてもいいんだけどもうすぐ新学期。授業の準備できてない・・まあいいか。

 というわけで昨日まではセックス・ワーク論を書いていた。これもずいぶん前にがーっと書いたものの修正。書いたのが数年前で、時間をおいて読み直したらなんだこりゃ?という感じで訳が分らない。。女性・戦争・人権学会で発表したもので、そのときは嬉しい反応ばかりでいい思い出のものなんだけど、読み返すと恥。。。で、ひたすら書き直していた。
 セックス・ワークと結婚制度について書いたものだが、文章をこねていたら、やっぱり結婚制度って制度だよなという気持ちになってきた。誰しも男女で対をつくっていっしょに生きて幸せになる、それが普通で自然、というイデオロギーの制度。この考えから完全に自由な人はなかなかいないだろう。だが現実には、「不倫」って聞いてみるとあちこちでありふれていて、驚くほど。シングルも増えているし、シェアハウスも流行っているらしい。何しろ普通に夫婦をやっているひとびとでも、ほんとうにいわゆる「愛し合って」いるかどうかは難しいところだろう。
 にもかかわらず結婚が当たり前、になっていたり、結婚願望はない人でもカップル幻想はあったりする。
 そういう頭の中が、セックス・ワーク論を書いていたらちょっと突き放せた感じがする。
 そういう思いこみから自由になったらどうなるんだろう。ひとりでいても寂しいと感じることがなくなったりするのかな?それともそれは別のことなんだろうか。
[PR]
by anti-phallus | 2010-04-01 18:44 | つれづれ | Comments(0)