「ほっ」と。キャンペーン


菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

最新のコメント

> yasuokaさん ..
by anti-phallus at 12:58
卒論で「女子力」を取り上..
by yasuoka at 23:52
> fujikoさん ..
by anti-phallus at 12:59
> yomodalite..
by anti-phallus at 12:58
ナンシー・フレイザーのト..
by yomodalite at 13:12

最新の記事

【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45
 辺野古 圧殺の海 第2章
at 2016-08-10 15:31
選挙結果
at 2016-08-01 16:13
学会発表の報告
at 2016-06-23 14:39
アメリカ大統領選についてフェ..
at 2016-05-31 17:24

画像一覧

カテゴリ:ブックレビュー( 19 )

似ている

f0210120_20352836.jpg トランプ当選でますます混迷している世界だが、最近読んだ本の感想。

 まず青木理『抵抗の拠点から』(講談社)。「朝日新聞「慰安婦報道」の核心」というサブタイトル通り、2014年の朝日新聞バッシングを探った本。吉田清治氏の証言が誤りだったと朝日が認め、それを訂正する記事を8月に掲載したことに端を発した問題。この本は、朝日の関係者にインタビューしていて、それが面白い。

 吉田証言とは、「慰安婦」問題が90年代前半に明るみに出たころに散見されていたが、右派のバッシングがいうほどに重要な位置をもっていたわけではない。朝日の報道が吉田証言がなければ成立しなかったかというと全くそんなことはない。だから、そもそも朝日がなぜ今それについてわざわざ訂正記事を出さなければならなかったか、記事を読んだ時わたしは理解に苦しんだ。そんなことをすれば「慰安婦」問題を否定したい人々は喜ぶだけだ。じっさい、ものすごい朝日バッシングが巻き起こり、当時本屋に行くと朝日新聞や「慰安婦」被害者をおとしめるタイトルを冠した特集を掲載した雑誌が並んでいて、気分が悪くなったことを覚えている。

 そういう疑問を持っていたこともあり、インタビューから朝日の内情を伺えて有益だった。印象に残るのは、この訂正報道のあった当時、朝日の編集幹部だった市川記者の発言。

「僕自身、今回は大きく3つ、時代を読み誤ったと思っています。一つは政治状況が様変わりしていた。」(199ページ)

 この発言に端的なように、朝日の人々は楽観視してしまっていたのではないだろうか。吉田証言を訂正しなければと朝日が考えた背景には、右派の強烈なバッシングがそもそもあっただろう。そしてバッシングの大きなネタのひとつに、吉田証言があった。右派は吉田証言を否定することで「慰安婦」問題全体をなかったことにしたい。朝日はそのロジックに乗せられてしまったのだ。本書によれば、朝日には、吉田証言の誤りを認めた上で、「慰安婦」問題について立て直して取り組みたいという意図があったという。じっさい当時の紙面もそういう趣旨で書かれていた。だが、そもそもそういうスタンスを取ること自体、吉田証言が「慰安婦」問題の中で重要な位置を持っていたと認めることになってしまうが、それは実態と異なるし、その時点で右派のロジックに乗っていることになるのだ。朝日はこのポリティクスに気づいていなかった。そしてものすごい潮流に飲み込まれた。
 
 時代を読み誤っているのは朝日だけではないと思う。例えばマスメディアに関わる人々の多くが同じだろう。今回のアメリカ大統領選で報道の予測とは違ってトランプが勝ったのも、その一つの例ではないだろうか。マスメディアの作り手側の人々だけではなく、メディアによく接する層の人々とは違うところで、マスメディア、特に活字メディアから遠いとことにいる人々の間で、どんどんマグマが溜まっているのだろう。これまでも階層による断絶はあったわけだけど、社会の制度が固定化している時代には、ある程度マグマを収める機能が働いていた。今は制度が融解し、マグマを固める機能が弱体化している。


 続いて読んだのがアメリカのジャーナリストのもので、メアリー・メイプス『大統領の疑惑』。映画を先に見て、ブッシュ前大統領の軍歴詐欺を扱ったもので面白かったので読んだ。びっくりしたのは、このひとはアブグレイブの米軍によるイラク人捕虜への拷問をスッパ抜いた人でもあったということ。映画を観たときには知らなかった。メイプスはブッシュがベトナム戦争時代に、ベトナムに送られることを避けるためにコネを使ってテキサスの州兵となり、さらに軍役を怠っていたということを突き止めCBSの番組で報道するのだが、その過程で陰謀か、罠か、出所の明らかでない文書を証拠のひとつとして使うことになり、放映後その真偽を疑われ、最終的に解雇される。その経緯を書いた手記である。

 2冊読んで、この二つの問題の類似性に驚いた。「慰安婦」問題とアメリカ大統領軍歴問題。一見異なる文脈にあるのだが、詳細を知ると、どちらも重要ではない小さな点を問われ、それでもって問題の全体がなかったことにされてしまう。論理的に考えればバッシングが間違っていることが分かるはずなのに、論理とは別のレベルで政治が動いていく。その中で果たされたインターネット言説の大きさ。また、CBS上層部は現場のジャーナリストを切り捨てるが、その判断を支えたのは政治とカネ。朝日新聞も同じだろう。
 そしてそもそものトピックが、軍隊に関わるものであるということ。「慰安婦」問題はいわずもがな軍人の規律やモラル、倫理性に関わるものだ。ブッシュの方も、アメリカは日本より軍隊に対する社会的な信頼が高い国で、そのため政治家の軍歴も重視される。私も一瞬、ブッシュが若い頃に真面目に軍役を果たしていたかどうかなんてどうでもいいんじゃ・・・と思いそうになったが、そうではないのだろう。とくに徴兵制の布かれていた当時、後に大統領になった若者が、どういう姿勢で軍に、戦争に臨んだかということは、有権者の政治家に対する信頼を揺るがす意味をもっているのだ。メイプの番組が報道された時はブッシュの再選が目指されていた時期で、そういうときに軍歴に詐称や疑惑があったということは選挙結果に大きく影響する。

 つまり、「慰安婦」問題もブッシュの軍歴問題も、軍に関わる人々(男性)の倫理性が問われる問題なのだ。

 この2国で起きている問題の類似性は、現在、国家という権威と権力をめぐって軍を掛け金とする社会的な闘争が起きているということ、この二つの事例においては国家の威信を(無批判に)守ろうとする側が勝ったということを意味しているのではないだろうか。結果を見るとどちらも非常に残念な事例なのだが、現在の時代を、社会を理解する上で非常に役に立った。























[PR]
by anti-phallus | 2016-11-11 20:45 | ブックレビュー | Comments(0)

小出裕章『原発と戦争を推し進める愚かな国、日本』

 久しぶりに小出さんの本を読んでいる。2011年にはこの方の活動に精神的にずいぶん助けられた。あの頃の熱気、原発と震災に対して多くの人が不安を抱え、何かしなければならないと感じて立ち上がっていた頃からは、自分も周りもだいぶ変わってしまった。変わりたくなくても次々に、うんざりする事件や暴走する政治に振り回され、そして何よりも忙しい毎日。はっと気づくと2011年はすっかり過去のことになっている。でも震災も原発も何も解決していない。今も問題は続いている。多分何も変わってないのかもしれない。
 こんななか、小出さんは何を書くのだろうと思いながら。
 今年の3月に小出さんは京大原子炉実験所を定年退職したらしい。

 「私はこれまで、私の人生なのだから、私らしく生きたいとずっと思ってきました。ですから、誰かにああしろ、こうしろと命令されて何かをするのではなく、すべて自分で決めてやってきました。ですが、やりたいことはたくさんあっても、全部できるわけではありませんので、その中でも、私がやるべきこと、私にしかできないことを選んでやってきました。残りの人生もそうして生きていこうと思います。
 ただ、人間は生き物ですから、歳をとることから逃れることはできません。いつまでも若いままでバリバリ働き続けられるなんてことは、それこそあり得ないのであって、歳を重ねながら、それを自覚しながら、少しずつ撤退するというのが一番いいのだろうと思っています。その意味で、私がやるべきこと、私にしかできないことを、今後はさらに厳選していこうと思います。」

 こうやって写し取ると何のことない普通の文章なのだけれど、小出さんの言葉であるせいか、やけに重く響く。
 研究者も常に競争にさらされている。小出さんは、アカデミズムの流れに逆らいながら、自分の信念に従って研究を続けてきた人。批判的に原発を研究するということは、政治にも経済にもアカデミズムにも逆らうことで、「変わり者」とささやかれること。何かまっすぐな、自分を支えるものがなければ続かないだろう。
 研究するということは、例え自然科学分野であっても、「社会」というものの広さを理解していないと本当の価値ある何かは生み出せないのではないかという気がする。自分とは立場の異なる人々が存在していて、そういう遠い人々とも共有できる価値を創造していくという姿勢が求められるはずだろう。私も長年?研究に携わっているが、その実感として、自分の利害を超える価値を目的においておかないと、どうも意欲が続かないということがある。きれいごと過ぎるかな?
[PR]
by anti-phallus | 2015-11-30 00:12 | ブックレビュー | Comments(0)

ハーヴェイ『新自由主義』

 以前注目されたデヴィッド・ハーヴェイ『新自由主義』の冒頭は、アメリカの9・11以降のイラク攻撃についての批判的分析で始められています。イラクに対する戦争に、合理的な根拠がないことが分かったときブッシュ大統領は「自由」のために、イラクに自由をもたらすために戦争は正当化されると主張しました。
 そしてブッシュ政権は、イラクの公共企業体の民営化、外国企業が自由に活動する権利、イラクの銀行を外国の管理下におくこと、などの「新自由主義化」を推し進めました。
 今世紀に入って以来、このような世界の動きが繰り返されているように感じます。現在フランスを争点として起こっていることも、同様の構図へと向かっているのではないでしょうか。マスコミで報道されているパリ市民の良心的な行動、怒りの連鎖を批判する声も、このような世界の構造を変えない限り、本当の意味でかなうことはないと思います。

 一方、ハーヴェイも論じていますが、だからといって新自由主義はアメリカという「帝国」が押しつけたとはいえません。イギリスやインド、中国、スウェーデンの新自由主義化をアメリカのせいとは言えません。それぞれの国の国内事情から政策は新自由主義へと転換されていきました。

 日本もそうでしょう。日本も諸外国との関係、国際環境の中で、同時に独自の内的な歴史や事情から新自由主義化を進めています。

 とはいえ、今回のフランスの事件によって世界的な新自由主義化が一層推し進められていくだろうことも予感されます。暴力を生みだした植民地主義に人びとが気づき、暴力の連鎖とそれを利用するひとびとに世界が支配される状況を変えない限り、悪循環は続くのではないかと思われてなりません。
[PR]
by anti-phallus | 2015-11-27 17:04 | ブックレビュー | Comments(0)

「慰安婦」問題文献紹介

  林博史さんという歴史研究者の『日本軍「慰安婦」問題の核心』という本。今年出たものです。 
 長年この問題に取り組んでこられている方で、現在の状況を踏まえて、90年代以来の研究や政治の変化を分かりやすく解説しています。
 安倍政権の問題、朝日新聞の問題にも触れていて、それらの現象に対して、背景の歴史研究から振り返って批判的に応答しています。是非ご一読を。

f0210120_1540337.jpg

 それにしても、この本では歴史学の研究成果を中心に紹介されていますが、気になるのは「実証史学」批判の問題。90年代に「慰安婦」問題をめぐって実証主義対構築主義というような構図で論争があり、それを受けているのですが、林さんは「批判的な実証主義」の可能性を論じている。歴史学者としてあり得る立場だと思いますが、社会学の研究者としてはどのように考えるべきか悩ましいところ。とくに、実証主義を批判して、「記憶や言説」を重視する立場としては、林さんは名を挙げていないのですがおそらく社会学者、上野千鶴子さんなどが想定されていると思われます。
 本書でも紹介されているように、「慰安婦」問題をはじめとして戦時性暴力の問題について近年歴史学では豊富に成果が生まれている。一方で社会学では、追いついていないように見えます。
 これは何なんだろうか・・。
[PR]
by anti-phallus | 2015-11-18 15:40 | ブックレビュー | Comments(0)

『ナゴヤ・ピース・ストーリーズ』出ました

 ここ数年がかりのお仕事、『ナゴヤ・ピース・ストーリーズ』が出ました。

『ナゴヤ・ピース・ストーリーズ ほんとうの平和を地域から』
     平田雅己・菊地夏野編  出版:風媒社  発行年月:2015.10
         税込価格:¥1,944 (本体:¥1,800)

f0210120_9582343.jpg

 その名の通り、名古屋から平和を考えてみたらこんな風になるかなという本です。わたし自身はあまり「平和」という言葉について真面目に考えることはなく、それよりは「暴力」という言葉から考えていく方に慣れています。でも今回、「平和」という言葉が散りばめられているプロジェクトに参加して、なかなか面白かったです。
 10年ぐらい名古屋にいてそれなりに市民運動界隈にも出入りしていたつもりですが、今回一応編者となって、こんなに大事な活動をしている方がいるんだなと驚くこともありました。平和や戦争といっても人によって色んな切り口があるんだなと。

 かなり、勉強になります。普段平和や戦争というと、最近はすっかり「国家」単位で考えるのがデフォルトになってしまっています。基本、戦争的な事柄は国家を守るため、ということで推奨されますので。(まあそこに「愛する人を守るため」という言い訳もくっついたりしますが、それは場面によって使い分けられています。)でも、この本を読めば、国家以前にまず地域があるし、その前に個人があるんだな、戦争や平和にも、と感じられるはずです。というかそこを感じてほしい。

 わたしの一押しは、「地域」から平和を考える、ということに加えて、普通「平和」にはくっつけられない、セクシュアリティの問題や在日外国人、野宿者運動等々周縁的な課題も含めたことです。名古屋辺りの社会運動に関心のある方にもいいです。
 それから、もちろん「慰安婦」問題が真ん中に来ていること。実は「慰安婦」問題も、平和運動や平和問題が語られるときにこぼれ落とされることがあります。多分、この問題がどんどんタブーになってきているからです。あとは、「(女)性の問題は分からない」という人が多いことなどから。でもわたしは「慰安婦」問題は、平和を考えるときに不可欠と思っています。戦争を深いレベルから考えると、「慰安婦」問題は中核にあるのです。書き出すと長くなるので以下省略。
 そして、出版社は地元の良心的な社会派出版社をあえて選びました。こういう会社が世の中を支えていると思います。こういう出版社を応援してあげてください。
[PR]
by anti-phallus | 2015-11-02 09:58 | ブックレビュー | Comments(0)

松浦理英子『犬身』

 久しぶりに松浦理英子を読んでいる。ずっと前に『ナチュラル・ウーマン』他を読んで以来、最近どうしているのかな〜と思い調べたらいくつか書いていた。
 新しいもののうちそれほどでもなかったものもあったけど、『犬身』は非常に良かった。わたしの犬好きの性(さが)が刺激されたのもあるが、松浦の新境地というか円熟の境地というか、こういう文壇的な手あかのついた言葉を使うのはどうかと思いつつ。

 レズビアン作家というような脚光の浴びせられ方をされた松浦だが、作品をよく読むとそうではないものを表現しようとしていることが分かる。ヘテロセクシュアルでは当然及ばず、かといって女性同士であろうとも得られない世界、そんな存在も確かでないものを求める欲望。たぶんそれは、松浦の一貫したモチーフなのだが、初期作品ではまだゴールに到達していないような感じ。

それが『犬身』を読むとよく分かる。犬と飼い主にしか届かない、高みにある親密性。言葉ではない、身体を直接交わすことによって得られる快楽が、人間同士ではない組み合わせによって成される。ただしこれはやっぱり女性同士の性愛の隣にあるようにわたしには読める。

 これを読んで、自分の中で何かが言語化されたような感覚があって、良い小説というのは言語によってできているににもかかわらず、いつのまにか読者の身体を変容させるのだなと思った。これを読んで確実に良かったと思う。
 今社会に流通しているセクシュアリティのテクストを裏切って、そうではない、でも確かにあるものをテクストによって具現化させる。すごい作業。

 読後生み出されるものは感覚なのだけど、それを実現する手段である言語は、完全に達人のレベルで、一瞬驚くような語彙が多い。ああこういう事柄を言葉にするとこういう表現になるのか、というような新鮮な発見を導く表現もある。言語は身体なんだな〜という嘆息。
[PR]
by anti-phallus | 2015-01-30 17:08 | ブックレビュー | Comments(0)

北原みのり『フェミの嫌われ方』

 『フェミの嫌われ方』を読んだ。

f0210120_1357397.jpg


 この方の本はわたしはまだ案外読んでいない。今まで2冊読んだくらい。
 最近、日本でフェミニズムってどう見られているか論じたものを読みたくて、これを選んだ次第。去年の警察の件も頭にあったのですが。

 読んでみたらタイトルに合うような内容とはちょっと違っていて、著者のフェミへの思いを綴った本だった。著者がどういう経験、どういう思いをして「フェミ」にたどり着いたのかが分かる。
 今の日本の文化のなかで、女性が軽んじられたり甘く見られていることへの違和感や怒りが率直に、素直に書かれていて、共感する人は多いのではないかと思う。確かにこういうストレートなフェミニズムの本って少ないんですよね。

 とくにつんくの『LOVE論』批判が印象に残った。男性の筆による保守的な恋愛論はありふれているものですが、やっぱり批判が少ない。正面切って批判するのはためらわれる力学がある。違和感を持っても、「勝手にして」と無視するのが多くの人の態度だろう。でもこういう言説は根強くはびこって世の中の恋愛秩序、ジェンダー秩序に影響を及ぼしていくからほんとうはあえて恥を忍んで批判しなくちゃいけない。そういう意味でエラいと思う。
[PR]
by anti-phallus | 2015-01-15 19:28 | ブックレビュー | Comments(0)

『ばかもの』

 しばらくバタバタが続いたので、心を落ち着けるために久々に、絲山秋子『ばかもの』を読み返しました。これは映画化もされたもので、前にここで感想を書いたような。
 帯には「待望の本格恋愛長篇」と銘打たれています。確かに恋愛ものではありますが、それ以上に深いのが絲山ワールドですね。
 恋愛関係の暴力性。最近はストーカーという言葉も浸透してきて、恋愛にはリスクもあることが表に出てきたようにも思うけど、やはり恋愛といえば「幸せ」イメージやポジティブな価値を無条件にもたれてしまうところがある。この作品では、恋愛が暴力と化し、その後に癒されて回復するところまで語られている。
 DVを大学で教えている立場としては、このような視点は非常に難しいです。というのは、DVはよくない!というのを教える時に、恋愛関係のリアリティにどれだけ踏み込めるかがポイントだと思うのですが、恋愛というのはひとりひとりの実存をかけたものなので、それを教壇から取り上げるって・・・・暴力性の絡まない恋愛を推奨するというのもなんか違うような気がするのです。どんどんリアリティを失って、啓蒙的、行政的な漂白された道徳的主張をしてしまうことになるような恐れを感じる。
 とはいえDVの怖さや危険性、逃げたり自衛したりするための社会資源、関係性を築くスキルなどを提供するのは非常に大切なこと。
 その狭間で悩むのですよね。
 
 ・・話がずれてました。この小説は、そのような世界を正面から見つめたものです。後半の回復するプロセスよりは、主人公が飲酒に溺れる部分がとにかく圧倒的。酒好きなわたしにはとても怖いものが・・・アルコール依存症の予防のためにこの小説は書かれたのかと思うくらい。
 中で出てくる「行き場のない思い」とは誰にでもあって、それが個々を動かす原動力だと思う。それを見つめる力をもたないと、人は辛い。この小説を読んでいると、自然とその力が芽生えてくるような感じがしました。
[PR]
by anti-phallus | 2013-12-06 13:31 | ブックレビュー | Comments(0)

論叢クィア06

 クィア学会の学会誌第6号ができあがりました。今回はとくに面白いような気がします。
 論文でもいくつか読み応えあるものがありました。
 ここでは書評で重要なものを紹介。
 山口智美/斉藤正美/荻上チキ著『社会運動の戸惑い』の書評ですが吉仲崇さんの評。この本自体、重要な書で、ここで紹介したいと思いつつできていないのですが、吉仲さんの評はとても良かったのでよかった(同語反復)。
 読みやすいのでとくに内容紹介はしませんが、この評のポイントは下記の部分かな。

 フェミニズムにおいて研究と行政活動がクロスした時、「正しさ」という尺度が生まれ、正しい知識を生む人と使う人の役割分担ができる。つまり、研究と運動の二元論である。評者は、この二項分離がフェミニズムだけではなくセクシュアリティに関する議論でも生じていると指摘している。

「境界線に甘んじたり、戦略のみに生きたり、『正しい知識』のみの立場からの言説構築をしたりする役割分担的ポジショナリティは、結局乖離の再生産を生むことになり、生産的な将来を描けなくなることを認識すべきであると、本書は警鐘を鳴らしているように見える」

 確かに、フェミニズムでは制度化や権威化が一時問われたにもかかわらず、今はもうそんな余地もなく、二元化した研究も運動も縮小してしまっているような。。そしてセクシュアリティ関連だと、フェミニズム以上に「正しい知識」という概念が普及しているようにも思える。

 同性愛は異常ではないとか、性は多様であるとか、ある意味当然だし、確かに「正しい知識」なのだろうが、評者の指摘のように「正しい知識」という概念は危険でもある。簡単に通じやすい分、ひとびとのあいだの役割分担、ひいては権力関係を再生産してしまいます。
 「正しい知識」という概念を使わずに済む伝え方があればいいのですが、そこが一番難しいところですよね。

 研究と運動の関係というのは古くて新しいテーマなので、この学会誌において論点として立ち上げられたのは意義深い。クィア・スタディーズでこの問題を正面から問うことは実は学会的にも必要ですよね。
 学会のサイトから購入できますので是非どうぞ。
[PR]
by anti-phallus | 2013-11-13 16:42 | ブックレビュー | Comments(0)

女子力批判系文献

 『ゼロ年代の音楽 ビッチフォーク編』(河出書房新社)の紹介。
 最近、この手の文献や情報に手を出しています。この手のというのは、「女子」系というか、女子力とか○○女子とか最近の、女性表象シリーズ文化。
 「女子」という言葉はだいぶ前から言われていて、その後、ここ数年か、女子力という言葉がブームに。わたしは始めは距離を置いていました。なんかうざいなーという感じで。ですが、学生が女子力で卒論を書いたり、女子系の言葉があまりに多く目につくようになりもう自然化されそうな勢いになっているのを見て、そうも言ってられなくなり。
 基本的には、ネオリベ的な政治社会状況におけるジェンダー秩序の再編だと思っています。構造としては戦後のジェンダー秩序と大きく変わってはいないと思われますが、でも意匠の部分で新しい語彙や技法がたくさん「盛られて」いて、非常に面白い。
 今後、深めて広げていきたいと思っています。というところで、まず指摘しなければならないのが、女子系のボキャブラリーはあまりに多く、メディアや日常会話にあふれているのですが、それを批評する言葉が不在であるということです。女子力や女子系の言葉に疑問や違和感を表明する言語がほとんど見られないのです。ちょっと批判的な文脈でも、最終的には○○系女子の○○の中をずらしたり、あるいは「女子」的アイディアのポジティブな面を強調したりで終わります(例示できなくてすみません)。これは恐ろしい。。。だって、女子系言語って上にも書いたように基本的にはひとにジェンダー規範を要求する、保守的なものなのですよ。そういうジェンダー規範がある程度社会に流通して、主流化するのはしかたないです。社会ってそういうものだから。でも、それを斜めから見る、語る姿勢がないというのはそれは全く別格の、大きな問題です。ある規範が全てになってしまうというのは、極論すればファシズムですから。
 これは、フェミやジェンダー論の怠慢であり、現在の限界に他なりませんよ、ドン(机を叩く感じで)。
 というわけで、数少ない関連書籍が冒頭の。
 これはジェンダー論というよりは、音楽論なんですが、フェミを意識したスタンスの上での音楽論という、そういう意味でも珍しい本。色んな人のエッセイや批評、座談会録が集められています。わたしは非常におもしろかった。まあ女子力系言語を批判したのではなく、音楽全般の批評ですのでそこは誤解なきよう。
[PR]
by anti-phallus | 2013-04-08 21:14 | ブックレビュー | Comments(2)