「ほっ」と。キャンペーン


菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

最新のコメント

> yasuokaさん ..
by anti-phallus at 12:58
卒論で「女子力」を取り上..
by yasuoka at 23:52
> fujikoさん ..
by anti-phallus at 12:59
> yomodalite..
by anti-phallus at 12:58
ナンシー・フレイザーのト..
by yomodalite at 13:12

最新の記事

【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45
 辺野古 圧殺の海 第2章
at 2016-08-10 15:31
選挙結果
at 2016-08-01 16:13
学会発表の報告
at 2016-06-23 14:39
アメリカ大統領選についてフェ..
at 2016-05-31 17:24

画像一覧

カテゴリ:小説( 2 )

新井素子

 ブルックナーの後は新井素子を読んでいました。久々の新作が出たというので、アマゾンのブックレビューで見たら賛否両論ではあったけどやっぱり読みたかったから購入。『もいちどあなたにあいたいな』。
 新井素子といえば中学生くらいの時にはまりました。とにかく面白かったな~。氷室冴子といっしょに読んでた。
 あの文体には影響受けました。またあの構成、SFなんだけど登場人物の心理がすごくよく分って、せつなくなる世界。
 高校生になったら小説を読む精神的余裕がなくなって、漫画に行ったんです。大学に入ったらもっと難しいものを読みたい、読まなきゃという気持ちもあったし、そもそも新井素子の本も出なくなって、縁がなくなっていった。
 で、最新作・・・正直恐る恐る読みました。面白くなかったら悲しいなと思いながら。でも面白かった。昔と変わっていなかった。よかった~。
 そして、前は気づかなかったけど、このひとフェミですね。読んだ人には分ると思いますが、ジェンダー社会への怒りが満ちあふれてました、部分的に。行政や下手な研究者のワークライフバランス論よりずっと説得力あります。
 確かに物語は破綻しているというか、すごいなこれ、というところはあるんだけど、それを超えて何かの説得力があります。説得力というのがこの作家の力かもしれない。なんだか常識を超えていて、オリジナルで、不思議なジャンル分け不能な世界なんだけど、妙に説得されてしまう。口語であっさり書いているように見えるけど、実はこの文章、かなり念入りに書き込まれてるんですよね。


 というわけで今は『チグリスとユーフラテス』を読んでます。これ、出たの知らなかったんです。まだ途中ですが、いやーこれはすごいです。フェミニストSFって呼んじゃダメなんかな??小谷真理さんとか何か論じてるんだろうか。
 最近の嬉しい発見です。
[PR]
by anti-phallus | 2010-03-27 00:15 | 小説 | Comments(0)

アニータ・ブルックナー

 最近読んでいたのがアニータ・ブルクナーというひとの小説。イギリスの作家です。
 面白い小説が最近ないなーと思って、アマゾンで女性作家をさがして、フェミ作家とどこかに書いてあったので読んでみました。
 5冊読んでみました。最初は何か良く分らないなーという感じで、でもつい引き込まれていきました。作品によって雰囲気が少しずつ違いますが、一本通っている筋は、イギリスで色んな生き方をしている女性たちの、自分や、周りの人々や、季節や、街への移り変わる思い。
 このひとの世界に特徴的なのは、普通に家庭を作って、子どもを育てて夫に尽くす女性の生き方に強い憧れを抱いていること。そこのところはなぜそんなに?と不思議な感じを持ちつつ読んでいましたが、だんだん作品が後のほうになると、そういう「普通の」女性の生き方のなかにある喜びとともにわずかな空虚さ、無力感が出てきて、またそうでないシングルの女性の生活の自由さがあふれるばかりに描かれている部分が出てきます。
 それらを通して、どのような生き方を選んでも避けられない孤独や死、生きる喜びのようなものが作品全体から立ち上るようで、通読すると自分の世界も少し違って感じ取られるようです。
 訳文もプロらしい流麗な文体で、ブルックナーの独特の感覚的でありかつ論理的な言葉使いを表現しています。といってもわたしは原文を読んでないので分りませんが。
 ただ訳者あとがきは、作品の解釈がどこかちょっとずれてない??という印象は受けました。

 ともあれ江國香織や川上弘美にものたりなくなったひとには是非お勧めです。とくに『秋のホテル』『嘘』はいいです。
[PR]
by anti-phallus | 2010-03-06 22:19 | 小説 | Comments(0)