菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

最新の記事

福島・放射能・原発etcのこと
at 2017-11-23 15:46
2017年衆院選挙結果を受け..
at 2017-10-27 13:54
ナンシー・フレイザー「資本主..
at 2017-09-13 15:49
諦めが生む女性専用車両
at 2017-08-31 18:33
アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59
家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> 森さん お読みいた..
by anti-phallus at 16:53
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58

画像一覧

カテゴリ:日本軍「慰安婦」問題( 13 )

橋下市長におすすめ

よく見たら転送歓迎となってました。とってもタイムリーな企画。西日本のみなさん、その他のみなさん、注目してください。とくに橋下さんには参加してほしいですね。個人情報だけ抜いてシェアします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
みなさま

今年の5月、福山、広島、岡山、大阪、奈良でハルモニの証言集会が開催されま
す。「慰安婦」問題の解決を求めるゆるやかな全国的ネットワーク、「日本軍
『慰安婦』問題解決全国行動」の会議で取り組みが決まり、各地域で準備を進め
てきました。日本軍「慰安婦」問題解決ひろしまネットワークの土井桂子さんか
らのメールを転送します。転送大歓迎です!!

渡辺美奈
********************************
2013 日本軍「慰安婦」被害者証言キャンペーン 

 1月の全国行動全国会議で取組みを決定した「ハルモニ証言集会」が添付した
ような日程で決まりました。
 高齢のハルモニお二人が来てくださって、福山、広島、岡山、大阪、奈良で集
会が開催されます。尹美香さん(韓国挺身隊問題対策協議会常任代表、「戦争と
女性の人権博物館」館長)、梁路子さん他スタッフ2名も同行されます。
 アメリカにおける相次ぐ追悼碑建設、国連女性の地位委員会でのロビー活動
の成果、安倍政権の「慰安婦」問題に関する姿勢に対して国際社会は懸念の意を
表明し、国際的な圧力は高まる一方です。京都府議会の意見書採択など国内でも
皆様の努力で解決への機運が育っています。しかし在特会だけでなく、関西ネッ
トに対する公安の不当な弾圧もありました。このキャンペーンが解決を求める世
論喚起の一助となり、問題解決へと進む力となりますように、開催地周辺のご友
人への案内等、全国の皆様のご賛同とご支援を心からお願い致します。


◎日本軍「慰安婦」被害者証言集会 inふくやま
 「ハルモニが語る 歴史の事実」
 日時:5月18日(土)13時30分~15時
 会場:延広教会(福山市本町1-6) ℡084-923-0094
 証言:吉元玉ハルモニ
 参加費:1,000円
 交流会:17時
 主催:日本軍「慰安婦」問題を考える会・ふくやま
 共催:日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
 


◎日本軍「慰安婦」被害者証言集会 in広島
「聞こえますか?  ハルモニの叫びが!」
日時:5月19日(日)13時開場/13時30分~16時
会場:広島市留学生会館
   広島市南区西荒神町1-1 TEL(082)568-5931
内容:講演/梁澄子さん(日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表)
   証言/吉元玉ハルモニ
資料代:1,000円(学生無料)
主催:日本軍「慰安婦」問題解決ひろしまネットワーク
共催:韓国挺身隊問題対策協議会、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動



◎日本軍「慰安婦」被害者証言キャンペーン2013 inおかやま
 「ハルモニの声に耳を澄まそう! 心を傾けよう!」
  ~再び、戦争の道を歩まないために
    二度と、女性の人権が奪われないように~
 日時:5月23日(木)12時半開場/13時~15時半
 場所:さんかく岡山(岡山市男女共同参画推進センター)
      岡山市北区表町3丁目(電話086-803-3355) 
 内容: 第1部 証言・ユン代表のお話・「少女の物語」(10分間)上映
     第2部 ミニライブ(よしだよしこさん)
 参加費:1000円(学生は無料)
 主催:「慰安婦」問題を考える女たちの会・岡山
 共催:メンズリブフォーラム岡山(+複数グループ・団体に交渉中)
 協賛:日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
 

●日本軍「慰安婦」被害者証言キャンペーン2013 inおおさか●
「何度でも語る 歴史の事実はこれです」
~再び戦争への道を歩まないために~
日時:5月25日(土)12時半開場/13時開始
場所:ドーンセンターホール
講演:吉見義明さん「被害者の声に向きあって
           記録し、記憶し、未来へ語り継ぐ責任」
   尹美香さん
うた:李政美さん、安聖民さん
主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
協賛:日本軍「慰安婦問題解決全国行動
資料代:一般800円/学生400円

http://www.ianfu-kansai-net.org/


●日本軍「慰安婦」被害者証言キャンペーン2013 inなら●
「何度でも語る 歴史の事実はこれです」
~再び戦争への道を歩まないために~
日時:5月26日(土)12時半開場/13時開始
場所:奈良人権センター(旧 奈良県解放センター)
(奈良市大安寺1-23-1  TEL 0742-62-5501 
JRまたは近鉄奈良駅からバス「大安寺」下車、南に徒歩3分)
講演:吉見義明さん、尹美香さん
ゲスト:キム・ボットン ハルモニ
    キル・ウォノク ハルモニ
主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク、アイ女性会議なら、
   多文化共生フォーラム奈良、部落解放同盟奈良県連合会女性部
協賛:日本軍「慰安婦問題解決全国行動
資料代:一般800円/学生400円


◎その他滞在中に広島女学院大学、広島市立大学での講演/証言、協力団体訪問、
交流会、大阪市長面会などが予定されています。

◎関連行事
*4月20日(土) 映画「希望へと羽ばたく蝶」「終わらない戦争」「カタロゥ 
          ガン!ロラたちに正義を!」上映会(2回) 
          広島平和記念資料館地下会議室2
    主催:日本軍「慰安婦」問題解決ひろしまネットワーク

*6月2日(土) 「ぬちがふう(命果報)」の上映会
    http://www.geocities.jp/nutigafu/Top_screen.html
    午後1時開場 午後1時半開演  5時終了
         映画 午後1時半から
         朴壽南監督のお話 4時から 40分 質疑応答
   場所 : 西南学院大学 2号館2階203教室 (マルチメディア教室)
   共同主催:
 沖縄と結ぶ市民行動・福岡
     「慰安婦」問題にとりくむ福岡ネットワーク
 西南学院大学 学内GP「ことばの力養成講座」
 
[PR]
by anti-phallus | 2013-05-14 13:27 | 日本軍「慰安婦」問題 | Comments(0)

橋下知事「慰安婦」発言の隠された問題

 橋下知事の「慰安婦」発言について抗議するサイト(関西ネット)。

 橋下の動画や、抗議文への賛同リンクもあります。賛同は9月15日締め切りのようです。
 
 橋下は「従軍慰安婦の強制連行があったのかどうか」を疑り、否定していますが、問題は連行方法ではなく、「慰安婦」制度そのものです。慰安所はあったけど強制連行はなかったという橋下の主張は、「強制連行ではない慰安婦に問題はない」と言っていることとなり、これは「公娼(セックスワーカー)であればどんな環境であろうとも、どんな搾取、暴力を受けてもかまわない」と言っているようなもの。実はこれは運動側でも難しい部分、弱い部分ではなかろうか。
 運動内でもセックスワーカーへの差別について十分議論できていないことが多いのではないかと思います。
 ですが、橋下だけではなく「慰安婦」の国家責任を否定する立場が使うロジックの多くは、実はセックスワーカー差別が核心なのです。そのことに気づいている人は少ない。この問題を避けては本当の解決はないとわたしは思います。
[PR]
by anti-phallus | 2012-09-07 15:36 | 日本軍「慰安婦」問題 | Comments(2)

ますますやば

 橋下市長の妄言に続いて、安倍までも出てきて、まじで息苦しくなってきてしまいました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 従軍慰安婦問題:安倍元首相、河野談話を見直す必要
毎日新聞 2012年08月28日 19時54分(最終更新 08月28日 20時12分)

 安倍3件晋三元首相は28日のTBS番組で、戦時中の従軍慰安婦問題をめぐり旧日本軍による強制性を認めた93年の河野洋平官房長官談話を見直す必要があるとの考えを示した。安倍氏は「おそらく(当時は韓国に)配慮して状況を収めようということだった。外交では言いたいことを言えばいいわけではないが、完全に事実に基づいていないものは中長期的には両国の友好において結果として維持できない」と述べた。

 安倍氏は06〜07年の首相在任時、談話を踏襲する考えを示す一方、07年に「強制連行を直接示す資料は見当たらない」との政府答弁書を閣議決定した経緯がある。安倍3件氏は次期衆院選をにらんで橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」との連携を模索しており、橋下氏も答弁書を評価する発言をしている。

 安倍3件氏は番組で、憲法改正や教育再生などを挙げて「(維新の会とは)ずいぶん共通部分がある」と強調。談話の見直しにも言及することで、「保守連携」の流れをつくる狙いがあるとみられる。【坂口裕彦】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
 この記事、従軍慰安婦という言葉を素で使ってて、ちょっといい加減に「従軍」はやめてよという感じですが、もうそれどころではなく。

 まあ考えてみれば、安倍はかなり「慰安婦」問題にはこだわりのある政治家なので、このタイミングで出てくるのは予想できたことですね。橋下のほうはおそらくそれほどこの問題オンリーにこだわりのあるひとではなさそうだから、彼の発言だけだったら、「このタイミングでこの問題について発言したのはどんな裏があるんだろう?」という疑問がわくところでしたが、ここで橋下人気を利用して安倍が出てくるとは。。わたし、政治オンチなのでやられました。

 ああ、ますます日本の政治はひどいことになってしまう。世界中から孤立して、しかも別に正当な理由だったら孤立してもいいだろうけど、性暴力被害女性を侮辱した孤立。最悪ですよ。

 橋下にしても安倍にしても、「慰安婦」は強制連行ではない、ということしか言ってないのですがこの問題設定にのってはいけないです。強制連行という言葉からイメージするのは、警察や官吏が無理矢理力づくで少女を家や街から連れ去る、というものでしょう。現実にはどうだったかというと、そういう強制連行もありました。被害者自身や目撃者の証言が各国、各地域にたくさんあります。
 
 しかし、橋下らは証言は証拠ではないと、全否定です。彼らは「公文書」しか証拠として認めません。(頭かたいですね〜)しかし、どんな愚かな加害者であろうと、自分が無理矢理人を力づくで連れ去ったとかこれから連れ去るぞとか、わかりやすい文書を残すでしょうか?怪人二十面相の犯行予告を、みながやるでしょうか?やらないです。「慰安婦」問題は軍や政府が関与しているのですからなおさらそんな莫迦な証拠は残さない。(敗戦時に、日本軍が文書資料の焼却命令を出したことを忘れてはなりません。)ただ、指揮系統に従って、あるいは民間の風俗業者に「○○に何人連れてこい」と命じるだけです。そういう文書は残っています。

 また、そういう分かりやすい強制連行ではなく、お店で雇うとかだまして連れていった詐欺的手法もありました。その証言や資料も残っています。
 たくさんの研究書が出ています。

 『日本軍「慰安婦」関係資料集成 』(鈴木 裕子, 外村 大, 山下 英愛 編集)という、分厚い資料集も出ています。
 証拠はあるのです。

 ですが、橋下や安倍らはいくら証拠を提示しても、それを証拠とは認めません。彼らはそれを認めたくないのですから。
 彼らにとって、「慰安婦」の国家責任を否定するのは、冷静な検討の対象ではなく、信仰になっているようです。信仰を持つのは自由です。何かを信じるのは大切なことです。ですが、信じるのなら、もっとまとまなことを信じてほしい。
[PR]
by anti-phallus | 2012-08-29 22:27 | 日本軍「慰安婦」問題 | Comments(0)