「ほっ」と。キャンペーン


菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

最新のコメント

> yasuokaさん ..
by anti-phallus at 12:58
卒論で「女子力」を取り上..
by yasuoka at 23:52
> fujikoさん ..
by anti-phallus at 12:59
> yomodalite..
by anti-phallus at 12:58
ナンシー・フレイザーのト..
by yomodalite at 13:12

最新の記事

【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45
 辺野古 圧殺の海 第2章
at 2016-08-10 15:31
選挙結果
at 2016-08-01 16:13
学会発表の報告
at 2016-06-23 14:39
アメリカ大統領選についてフェ..
at 2016-05-31 17:24

画像一覧

カテゴリ:原発/震災( 1 )

原発と母性主義、覚え書き

 インパクション181号(2011年8月)「特集 脱原発へ」を読む。
 期待した、座談会「脱原発と『母』『女』について考える」は、タイトルどおりではなかった。あまりタイトルで掲げられている点については深められていなくて、それ以外の各参加者の具体的な活動や思いについては興味深く読んだ。
 それよりは、後ろの方の座談会「反(脱)原発運動の現在的課題」のほうで、その問題について興味深い発言を見つけた。以下引用。


天野恵一
チェルノブイリの直後も、例の甘藷さんの本を巡っても、ある種の母性主義、フェミニストの人たちが母性主義批判を展開して、かなり論議がありましたよね。あれで問題が終わっているわけじゃないですよね。
近藤和子
終わっていない。あれは上野千鶴子さんのエコフェミ論争がきっかけなんです。エコフェミ、反原発運動は母性主義で本質主義だと、青木やよいさんの言説を批判したでしょう。だから多くのフェミニストたちは震災の被災者支援に女性の視点をといっても、福島原発のことは言わない、もう反原発運動をやらないの。“母性主義”だからと。すごいへんてこりんなねじれた関係。深められないまま断絶している。
(99ページ)

 
 今、事態がどんどん動き、不透明な混乱の中で、運動について、状況についてゆっくり論じる余裕のある人は少ないだろうし、そういう余裕があるとすれば逆にどこか抜けているものがあるのかもしれない。そんななかだから、脱原発運動の母性主義、というような難しい問題設定について運動の渦中にいて、明快に論じられる人は少ないだろう。そういう問題意識は、3.11以前からある程度運動やフェミニズムについて知識のあるひとがもつものだろう。
 今年の日本女性学会大会でも、同様のテーマでシンポジウムがもたれた。参加してみたが、やはり問題が深く論じられてはいない印象を持った。
 脱原発運動の母性主義というのは、今運動のただ中で感じられている問題というよりは、それ以前の、フェミニズム内の論争が記憶としてよみがえっているという感じがする。にもかかわらず、その切り分けがはかられず、一体誰が何を批判しているのか分からないままに注目されているような。
 じっさい、上記の天野の発言、「フェミニストの人が批判した」という口調、これもよく聞くものだ。聞くたびに、「フェミニストのひと」って誰?というフラストレーションを感じる。そういう種族でもいるかのように語られるのは非常に違和感がある。(天野は尊敬する人物のひとりです、ちなみに)
 そういう意味で、近藤がはっきり具体的に経緯を指摘しているのはありがたい。
 わたしも、90年代に上野のエコフェミ批判を読んで、影響を受けた。そこまで簡単にエコフェミの思想的可能性を否定はできないだろうとは思ったけど、やはり上野に軍配が上がったように見えた。
 だが、3.11を経て、松本麻里さんのインタビューを読むなどして、そのようなフェミニズムのこれまでのあり方が厳しく問われているように思う。
 フェミニズムの論客は、本当に、現実に向き合ってきたのだろうか。複雑でややこしい現実を、言説のひとつとして簡単に切り取ってしまい、整理し、ラベルを貼るだけでよしとしてきてはいなかっただろうか。フェミニズムだけではなく、90年代の構築主義や言説分析の流行した社会学全体にも言えることかもしれない。上野を批判するだけではなく、自分自身の問題として考えている。
 フェミニズムの視点、あるいは性差別へ批判的な視点をもつひとがそれほど多くない中で、フェミニズムの論客にあまりに多くを期待するのもおかしいだろう。やはり問題なのは、誰かひとりをもちあげてしまい、思考をとめてしまうようなひとりひとりのありかただろう。また、議論が自由にできないような雰囲気だ。女性学会のシンポジウムでも、既成のフェミニズムへの批判的な提起が、会場から反発されて、終わってしまったのは残念だった。あのようなやりとりをもっと深めていくことが必要なのかもしれない。
[PR]
by anti-phallus | 2012-06-27 17:23 | 原発/震災 | Comments(2)