菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事ランキング

最新の記事

ナンシー・フレイザー「資本主..
at 2017-09-13 15:49
諦めが生む女性専用車両
at 2017-08-31 18:33
アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59
家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> 森さん お読みいた..
by anti-phallus at 16:53
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58

画像一覧

カテゴリ:その他( 9 )

アイヌのこと

北海道の歴史に興味が湧き、いくつかの点から勉強している。その中でもアイヌの存在は大きい。
今までアイヌについては自分から詳しい勉強をしたことがなく、正確な知識もなかった。ところが北海道の歴史について知る中で、不思議な感覚を味わっている。

沖縄の近代史を勉強して、日本国家の暴力性を学んだ。だが北海道の近代史からは沖縄に対して発動されたのとは異なる暴力性が見て取れる。
沖縄の日本併合、「琉球処分」はあくまでも集権化された琉球王国の「処分」(侵略)だった。一方アイヌは、当時集権化された国家を作っていなかった。アイヌは多くのコタン(集落)に分かれ、それぞれがリーダーをもって生活していた。それが長期にわたる松前藩、江戸幕府からの搾取との戦いの中で弱体化してゆき、明治政府の同化政策で言語や文化を奪われていった。

先日、白老のアイヌ民族博物館においてあった新聞のスクラップブックを見たら、北海道新聞が頻繁にアイヌに関する記事を載せているのに驚いた。それは、道内各地でのアイヌ関連の企画や施策、アイヌ当事者のインタビューなどである。わたしはこれまで新聞でアイヌ関連の報道に触れたことはあまりなかった。北海道新聞の全てを見たわけではないので分からないが、どうも北海道に住んでいるのとそうでないのとでは、アイヌに関する理解度が大きく異なってくるのではないかと想像される。
ここ最近は、ドイツの学術団体が日本にアイヌの遺骨を返還したという報道が新聞のトップニュースになったが、これも、何のことだかよくわからない人が大半だろう。

道外では、「アイヌ民族は滅亡した」というイメージを持っている人が多いのではないだろうか。そこでは差別の対象としてすら意識されていないかもしれない。だが、学んでいくにつれて、このイメージのもつ政治性に気づかされる。現実には、アイヌの血を引くということで葛藤し、悩み、差別を受けている人々がいる。その事実すらも、「アイヌは滅亡した」という多くの人が持つイメージは消失させる。これがナショナリズムの暴力性でなくて何だろう。

また驚いたことの一つに、白老にあるアイヌ民族博物館が来年閉館するという。この博物館は地域の人々が運営している。白老はアイヌの人々が多く住む地域で、戦後、当事者によるアイヌ観光(?)で賑わったらしい。当時の写真を見たら、明るく当事者と観光客が集合写真に写っていて、何とも言えない気分になった。そして小学校に「アイヌの子供がいるか」といって忍び込んでくる者もいたらしく、そういうことを憂いてこの博物館が作られたと博物館のボランティアの方から伺った。施設内にはカフェがあってアイヌ料理も食べられたり、アイヌ伝統の音楽と舞踊を見学できたりする。それが、2020年に国立博物館と公園がオープンするにあたり閉館をやむなくするらしい。2020年というのはオリンピック開催に合わせたものらしく、なんとも唐突な企画だ。この計画を道外の人はどれだけ知っているのか疑問だし、日本政府は今までアイヌに対してどれだけの取り組みをしてきたのだろうか。日本のマジョリティがアイヌについてほとんど知識のない状態は、第一には政府の責任がある。敗戦による大日本帝国解体後も政府は「日本には外国人はいない、要らない」という態度で十分な政策を行っていない。「日本に先住民はいない」と長年言い放ってきた。この無策によって、アイヌの当事者は言語や文化を継承できず、アイヌ語をしゃべられない人が大半だという。

f0210120_18010264.jpg

博物館のボランティアの方のお話では、この国立施設の構想には、教育に関するものが欠けているという。外向けの、参加型展示やら野外ミュージアムなどばかりで、当事者たちが当事者のためにする視点がない。
政府はハコモノ行政を繰り返すのはやめて、アイヌ当事者が文化を継承しアイデンティティを尊重するための教育や、その他の市民への啓発・教育政策から始めるべきではないだろうか。博物館等を作りたいなら、すでに北海道各地に小さいながら地域や当事者の記念館・博物館等はいくつかあるのだから、それらの活動を支援することだってできるはずである。


アイヌ文化の継承は、当事者にとって必要なだけではなく、非当事者にとっても価値がある。今の日本社会が見失っている精神性をアイヌ文化は教えてくれる。自然に対する価値観、個人と家族や共同体との関係性、生死の意味・・。わたしはまだ知り始めたばかりだが、それでもハッとさせられることがとても多い。近代化により周縁化させられた文化や生き方、価値観を取り戻すことは、わたしたちがどのように生きるべきか、生きたいかを考えるために豊かな示唆を与えてくれる。






[PR]
by anti-phallus | 2017-08-07 17:59 | その他 | Comments(0)

食のオルタナティブ

 おもしろい食事スタイルを知ったので紹介します。
 甲田光雄先生というお医者さんの提唱した甲田療法というもので、1日2食、玄米菜食スタイルです。知人から聞いたときは2食で栄養大丈夫なの?とかお腹減るんじゃと思いましたが、やってみたら案外大丈夫です。
 この理論では、朝ご飯は抜いて、昼と夜のみ。食べるのは理想は玄米ご飯と青汁、豆腐が基本。午前中は排泄の時間なので水分を多めにとる。
 わたしは厳密に守ってはいないですが、できるだけ近い内容にして、2食にしてます。体調は大丈夫です。3食食べないとだめ、というのは栄養学の間違ったイデオロギーということです。わたしもずっとだまされていました。甲田療法は哲学があって面白いのです。

 あとは添加物や化学調味料などは極力減らすこと。こちらはとくに多くの人に勧めたい。今売られている食品は野菜も含め薬づけ。農薬や添加物について情報を得れば得る程げんなりする。肉も動物たちはかわいそうなくらい抗生物質や薬を投与されている。
 コンビニで売られているサラダに乗っている卵は、ゆで卵のスライスではなくて、チューブのような製品を切ったものと聞いてショックでした。

 おすすめ本紹介。

安部 司 『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』 東洋経済新報社
甲田光雄・赤池キョウコ 『マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書』 マキノ出版


今の食品は、食べ物というより工業製品。。残念ながら。
無農薬・無添加の自然食品を食べていると、既成のものとの味の違いに驚く。野菜は味がとっても濃い。生き生きして力があります。肉も深いおいしさ、加熱しても損なわれない。惣菜なども雑味がなくて安心のおいしさ。価格が高いと思われがちだけど、それほど高くないものも多いです。いちど地域の自然食品スーパーや宅配業者などをお試しを。

 食に関してもフェミニズムの大事なテーマと思っています。
[PR]
by anti-phallus | 2015-08-29 13:49 | その他 | Comments(0)

論文紹介:同性婚

 Ciniiで同性婚で検索して見つけた論文を紹介します。

 吉原令子「アメリカ合衆国における同性婚の法制化の動向 1990年代の同性婚運動の要因について」『英米文化』39 2009年

 全文公開されています。
 わたしは存じ上げない方ですが、内容が分かりやすく、とても面白かったです。リベラル・フェミニズムやクィアの同性婚へのスタンスが紹介されていたのがよかった。
 先日、終わったフジテレビドラマ『結婚しない』が、最終回でどうなるのかなーと思ったら、主人公の方たちは結婚せずカップル成立!で終わりました。カップル主義の問題が顕在化したけど戸籍婚しなかったのはいいかと見ていましたら、ラストが、彼女たちが警官に追いかけられる、という終わり方で、これは反婚への国家からの弾圧を示唆しているのか??と妄想。
 それはともかく、同性婚は筆者の書いているように、その是非で終わるのではなく、広く結婚制度の問題点や個人のセクシュアリティの自由、それにかかわる社会政策や経済システムの拘束まで含めて論じられるべきものだと思います。
 『結婚しない』が結婚せずに終えられたのは、ひとつには子どもの出産、養育というリプロの問題が無視されているからで、人が生まれるときの形、関係性まで含めて考えると、結婚制度は大変大きなテーマです。
[PR]
by anti-phallus | 2013-01-13 14:28 | その他 | Comments(0)

インド

 なんかほんとにインドは大変だったんですが、ちょっとだけのひとびととの交流がやけに思い出に焼き付いてる感じです。大変さはいつか書けるといいなあと思うけど、ささいな関わりというのはどこかに書いておかないと消えそうですよね。
 全く変な関係性だったけどずっといっしょだった宿の少年、青年?たちとか、気持ちよくマッサージしていただいたけどお金でもめた少女、女性?たちとか笑顔がすごく記憶に残っています。もっとじっくりコミュニケーションしたかったなーと思うのは今だからなんですよね。うう。。
 あの大変な時間、自分はいったい自分だったんだろうかとか。
 やっぱりこれまで行った国とはかなり違ってた、インド。いちばんの魅力は、時間とか効率とかを考えていない感じ。合理性に基づいて、次々に正確に仕事をこなすようなことには興味を持っていない感じ。だらだらと、時間はたっぷりあって、だからひととのおしゃべりに延々と時間を費やしても安心、平気な空気。
 とはいえコルカタのある西ベンガル州も、共産党政権から数年前に変わったらしいし、どんどん街の雰囲気も変わっていくのかもしれません。
 日本と全く真逆な世界。それが初インドの私の印象。
[PR]
by anti-phallus | 2012-08-05 00:50 | その他 | Comments(0)

昨日の続き

 『沖縄のハルモニ』の後のトークについて。
 わたしの話を聞きたかったと言ってくれた人がけっこういる。
 どういう顛末だったかと言うと、いちおうわたしひとりでトークという予定で宣伝されてたんだけど、当日(汗)、主催の方から、「参加者全員でのシェアリングの時間を増やしたい」と相談され、変更したのでした。というのは、前日までのトークの時間の様子を見ていた主催者が「一部の人ばかり話している」と感じたらしい。
 そういわれたら仕方ないので了解しました。

 結局、幾人かの参加者の方の感想が聞けたのでそれはそれでよかったのですが、わたしとしては、もっとこれを知ってほしい!とかこれを考えてほしい!という気持ちの残る時間でもありました。
 「慰安婦」問題は、ひとによって知識の多寡がものすごくばらついている。これは、政府がきちんと責任を認めて教育なり調査なりをしていないことにまず原因があるし、また、学者も十分には取り組めていないから。
 また、信じられなくなるほどの痛い(性)暴力でもあったわけで、それに触れるのはエネルギーの要ること。それは、大学の授業で教えているわたし自身、よく分かっている。
 とはいえ、せっかく貴重な映画を観てもらえたのだから、その大事な経験をエンパワーするべく、必要と思われる情報や知識は提供したかったし、わたしの思いも伝えたかった・・・。
 
 「慰安婦」問題は、現在用いられている理解の枠組みだけでなく、もっと多様に、深く語られ、理解されるべきだとわたしは思っている。とくに、ジェンダーやセクシュアリティの思想や運動にもっとつながっていかなければならない。
 でも、それを理解するにも、一定の時間と努力が必要で、一本の映画を観ただけでは当然ながら難しい。だから、わたしなりに提供したかったんだけどね。

 まあ、こういう思いをもったのも、参加者のみなさんの感想を聞けたからだし、まだまだこれからだということだなあ。
 あと、「(わたしの)本を持っていったら確実に売れたのに」と言われた。かなあ。。手元に大量に残っている自著。売りつけるのが恥ずかしくて。。。恥を捨てて討って出るべきか(多分無理)。
 
[PR]
by anti-phallus | 2012-02-09 00:12 | その他 | Comments(2)

被災地(のごく一部)を見てみた

 宮城県南三陸町、気仙沼、石巻の被災地を車で簡単に廻った。夏にも廻ったのと同じポイントなので少しは変わっているだろうと思ったが、ほとんど変化がなく驚いた。津波で建物がすっぽりなくなった地区、家の骨組みは残っているものの、サッシや戸、壁の部分はすっかりなくなった家々。ぐしゃぐしゃになった自動車の山。山間の一角に乗り上げている舟。海底の隆起によりなくなった海水浴場や、満々と水をたたえる河川。
 唯一大きく変わっていたのは、石巻の海岸に面した大きな工場を操業している日本製紙。夏には工場の建物も津波による被災のあとそのままだったが、今回は改築してきれいになり、大きな数本の煙突からは煙が出ていた。ものの本によれば、日本製紙は被災のため工場を閉鎖してしまうのではないかと住民は恐れていたが再開したため安堵した、という。
 あるひとによれば、被災者たちは義援金等小金が入ったが、それではどうにもならずやりきれなくてパチンコや酒に使っているひとも多いという。地域の飲屋街はにぎわっているという。
 そういうなかで操業再開した大工場。もともと大きな産業のない港町。被災の打撃によってさらに大企業依存が深まらないといいのだが。
 気になるのがTPP水産特区構想。地域の漁業権を解体して市場開放するらしいが、おそらくこれも大企業による漁業利権確立に道を開くものだろう。
 アメリカのハリケーンカトリーナによる被災地域で、ネオコン企業が復興を担い地域が解体することが問題になっているが、東北でも同じ危険に直面しているのではないだろうか。

 福島市内も歩いてみた。個人的にゆかりのある土地だがずっと訪れていなくて、このままだと自分の中でタブー化しそうだったのが怖くてとりあえず行ってみることにした。大晦日だというのに、駅前は人気少なく、活気がなかった。若干の印象だが、幼児の姿が少ないように感じた。
 食事したデパートのレストランでは、客がちらほらしか入っていないが、雰囲気は東北の街らしく、穏やかでおっとりしている。隣のテーブルで年配の女性が、帰省してきたらしき息子たちとしゃべっている。そのなかで「子どもには線量計持たせてんの。月に一回回収されて。モルモットだない」という言葉が聞こえる。穏やかに流れる会話の中でそんな発言がありどきっとさせられる。
 人気少ない通りを歩き、雑貨屋に入った。お店の女性が色々話してくれた。「除染をしても雨が降ると山から(放射性物質が)降りてきて線量が上がる」「福島だけ税金を少なくする等してくれないととても人が住まない」「避難所でストレスのたまった男性が女の子をレイプして妊娠してしまった」「ほかの地方の人たちはきれいなことは言うけど岩手のがれきを嫌がったり」「(日本の)南の方は別世界みたいだって」涙ぐみながら話してらした。
 福島の街はどうなってしまうのだろうか。静かで、諦めきったような空気が、ひとびとの怒りと絶望を隠している。


 きちんと調べて時間をかけて廻った訳ではないのでわたしの印象に過ぎない。だから誤解もあるだろうし、知らないことはあまりに多い。だけど自分の記録のためにも、また不十分だったとしても多くの人に東北のことを忘れないでほしい、考えてほしいと思ってアップします。


元・南三陸合同庁舎(2011年8月撮影。今回は行っていない)
f0210120_2052225.jpg


元・公立志津川病院(8月撮影。今回も行ったがほとんど変わらない状態だった)
f0210120_2054272.jpg




 これまでは沖縄と日本の関係性のように大きなものは別として、あまり「地域」という枠組みで社会を考えることは少なかった。逆に、「地域」についての語りや研究は、ジェンダー・ブラインドなものが多いため、避けていた。だが、今回の震災に遭って、自分自身の思考枠組みの修正を迫られているように感じる。修正というのは、自分の仕事とは思っていなかったことに関わっていかざるを得ないのではないかということだ。
 おそらく、沖縄の基地にしても、釜ヶ崎にしても、震災で浮き彫りになっているような東北のおかれた状況と無縁ではないどころか、深く関わっているのだと思う。自分の仕事と思っていなかった訳でもないのだが、自分の生まれ故郷について明示的に考えたり書いたりすることはないだろうと思っていたというのは確かだ。
 現在たずさわっているDVサバイバーのヒアリング調査にしても、暴力が地域性と深く関わっていることを実感する。安易に、東北が「家父長制的」だというような単純化してしまうのではない、地域とジェンダー/セクシュアリティの関わりについて考えていく必要がある。
[PR]
by anti-phallus | 2011-12-31 21:10 | その他 | Comments(0)

コメントいただきました。

 前のエントリ「母の日かriot grrrlか」に対して、コメントをいただきました。
 設定の条件上、長いとはじかれてしまうようなので、こちらでアップさせていただきます。(了解はいただいています。)
 Makibooさん、ありがとうございました!

*************************


私も母親ではないし今後も母親になる可能性は非常に低い立場にいる者です。原発の問題で、子ども達の安全が叫ばれる中、私もやはり同じような思いを抱いていました。

それぞれの立場から、感情や考えを表していくことは必要。けれど、「母親」で集約されることで、「非母親」は発言することに気後れしてしまう。いくら自分の周囲の子ども達を守りたいと思っても。「母親ではない」というそれだけの理由で発言することに対して抑止力がかかる状態は、よいと思えません。

もう一つ。避難の緊急性において、子どもと妊婦の命こそ優先させるべきというコメントが多く飛び交いましたが、それが当然のこととして受け止められる、あるいは、受け止められなければならない空気ができていることにも、立ち止まって考えたいと思います。

人の命の重みは余命で計られるべきでしょうか。「子どもと妊婦を優先すべき」ということを、福島の被災地で動けない状態にいる年配の人達が聞いたらどのように思うでしょうか。おそらく大半の人は、その通りだと頷くでしょう。しかしそれは、なんだかあまりにも切なく、つらい。

そして、「女」「子ども」が、未だに、こうもたやすくひとくくりにされてしまうことにも注意を向けたいと思います。なぜ、「女」と「子ども」なのか。障がい者や、高齢者ではなく。(もしも、社会的弱者、という枠組みでそれを言うのだとすれば。あるいは、じゃなかなったとすれば、何?という話)。

まるで「子ども」が「未来」のすべてを担うかのごとく、美しく、そして、少し押し付けがましく語り、その「未来」を担う労働力を産み、育てるのは「女」だという、“古きよきストーリー”を私達は今こそ解体しなければならない。よりよき「未来」のために。そして「今」を生きる、すべての人々のために。

(長くなってすみません。はじめまして。また投稿楽しみにしています)
[PR]
by anti-phallus | 2011-05-10 21:53 | その他 | Comments(0)

もっともやめてほしいことのひとつ

 年末年始に韓国政府が、済州島に軍事基地の建設を強行しようとしているらしい。

http://www.anatakara.com/petition/call-for-signatures-for-jeju-by-globalnetwork.html

 もういい加減に、人殺しのために税金を使うのはやめてほしい。
[PR]
by anti-phallus | 2010-12-26 22:53 | その他 | Comments(0)

東大シンポ・追記

 しばらくして振り返って考えてみると、東大シンポは良い企画だったように思う。
 自画自賛をしたいわけではなく、お話しさせていただいた企画でも後味がいいものと悪いものがあるけど、今回はとても良い。
 終わった直後は、ジェンダーの視点が共有されなかったと思ったんだけど、振り返れば、私の発言に対して直接ではなくても、他のパネラーのふたりは、それを受けて、考えて返してくれていたように思う。司会もポイントをつかんでタイミング良く整理してくれていたし、コメンテータも、パネルとつかず離れずの絶妙な距離だった。
 確かに質疑応答の時間を十分取れなかったのは残念だけど、この前聞いた学会のシンポは司会がしゃべりすぎて、質疑応答を完全につぶしてて、それよりはいいだろう。
 障害学と女性学は、やはり共通している部分があるし、違う部分もある。それに加えて、パネラー3人とも社会学関係なので、障害学・女性学という枠の上にさらに社会学という分野の枠が重なっている感じで、どちらが上でどちらが下かは分らないんだけど、それらの枠の関係性について話し合っていたことにもなるのかもしれない。
[PR]
by anti-phallus | 2010-06-12 22:49 | その他 | Comments(0)