菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

記事ランキング

最新の記事

ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45
 辺野古 圧殺の海 第2章
at 2016-08-10 15:31

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> maonosukeさ..
by anti-phallus at 13:16
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 14:39
論文を読みたいのですが、..
by maonosuke at 08:05
> yasuokaさん ..
by anti-phallus at 12:58
卒論で「女子力」を取り上..
by yasuoka at 23:52

画像一覧

2012年 02月 13日 ( 1 )

幸せ

 どうでもいいことだけど、最近、幸せだなーと思った途端に、「これは幸せなんだ」と自分に強迫的に言い聞かせている自分を発見しておののく、ことがある。

 余り自分の中で、「幸せ」という単語は存在しなかったんだけど、ある友人に、「あんたには幸せになってほしい」と言われたことがあって、それ以来意識してしまっている単語。
 幸せって何なんだろうと考えだしたら恐らく果てのない言葉で、それを考えることを断念するところに初めて社会が成立するようなところがあると思うけど、あらためて、幸せってどういうものなんだろうか。

 幸せっていう状態が、今の日本ではひとつのライフスタイルに体現されていると思われていて、それは正社員で結婚していて子どもがいること。もちろんその子どもは障害がなくって、かわいくって、成績もむっちゃ悪くはないんでしょう、きっと。
 そしてみなが、その狭き門を争って、互いに競争している。・・・のではないだろうか。

 しかし、幸せになるために、競争して勝たなければならない社会というのはおかしいのです。
 幸せとは、競争の結果得られるものではなく、自分の中にあるものです。それを発見するのは自分以外にはいません。でも、それを体感するのはとても難しいことです。生きていること、実はそれ自体が幸せであるための必要条件なんですが、それを感じることを妨げる要素があまりにこの社会では多すぎます。人に、それを感じてはいけないと思わせる装置がたくさん存在しています。
 
 ほんとは、幸せとか不幸とかそういう物差しをもって自分やひとを測ることそれ自体が不毛なんだと思います。その物差しがひとを分断する効果を持っていると思います。
 ある種のひとびとは、幸せを求める人々の心が社会を発展させるというと思います。でも、わたしは、社会の発展よりも、今、ひとりひとりが、そこにある幸せを発見することの方が優先されるべきだと思います。それは、長い目で見れば、ひとびとのつながりを回復する道だと思います。

 というのがわたしの公式見解だけど、なかなかその境地に達せられないのも事実。人間、理想社会には生きていないからね。。
[PR]
by anti-phallus | 2012-02-13 02:11 | つれづれ | Comments(0)