菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

記事ランキング

最新の記事

ナンシー・フレイザー「資本主..
at 2017-09-13 15:49
諦めが生む女性専用車両
at 2017-08-31 18:33
アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59
家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> 森さん お読みいた..
by anti-phallus at 16:53
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58

画像一覧

2012年 02月 09日 ( 1 )

昨日の続き

 『沖縄のハルモニ』の後のトークについて。
 わたしの話を聞きたかったと言ってくれた人がけっこういる。
 どういう顛末だったかと言うと、いちおうわたしひとりでトークという予定で宣伝されてたんだけど、当日(汗)、主催の方から、「参加者全員でのシェアリングの時間を増やしたい」と相談され、変更したのでした。というのは、前日までのトークの時間の様子を見ていた主催者が「一部の人ばかり話している」と感じたらしい。
 そういわれたら仕方ないので了解しました。

 結局、幾人かの参加者の方の感想が聞けたのでそれはそれでよかったのですが、わたしとしては、もっとこれを知ってほしい!とかこれを考えてほしい!という気持ちの残る時間でもありました。
 「慰安婦」問題は、ひとによって知識の多寡がものすごくばらついている。これは、政府がきちんと責任を認めて教育なり調査なりをしていないことにまず原因があるし、また、学者も十分には取り組めていないから。
 また、信じられなくなるほどの痛い(性)暴力でもあったわけで、それに触れるのはエネルギーの要ること。それは、大学の授業で教えているわたし自身、よく分かっている。
 とはいえ、せっかく貴重な映画を観てもらえたのだから、その大事な経験をエンパワーするべく、必要と思われる情報や知識は提供したかったし、わたしの思いも伝えたかった・・・。
 
 「慰安婦」問題は、現在用いられている理解の枠組みだけでなく、もっと多様に、深く語られ、理解されるべきだとわたしは思っている。とくに、ジェンダーやセクシュアリティの思想や運動にもっとつながっていかなければならない。
 でも、それを理解するにも、一定の時間と努力が必要で、一本の映画を観ただけでは当然ながら難しい。だから、わたしなりに提供したかったんだけどね。

 まあ、こういう思いをもったのも、参加者のみなさんの感想を聞けたからだし、まだまだこれからだということだなあ。
 あと、「(わたしの)本を持っていったら確実に売れたのに」と言われた。かなあ。。手元に大量に残っている自著。売りつけるのが恥ずかしくて。。。恥を捨てて討って出るべきか(多分無理)。
 
[PR]
by anti-phallus | 2012-02-09 00:12 | その他 | Comments(2)