菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

記事ランキング

最新の記事

ナンシー・フレイザー「資本主..
at 2017-09-13 15:49
諦めが生む女性専用車両
at 2017-08-31 18:33
アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59
家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> 森さん お読みいた..
by anti-phallus at 16:53
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58

画像一覧

2010年 11月 24日 ( 1 )

クィア学会第3回大会感想/訂正版

 今年のクィア学会は考えさせられることが多かった。裏方としてプレッシャーは高かったけど、それに見合う収穫も多かった。
 総会の審議について参加者みな揺れに揺れたように思う。参加してくれた全員に感謝と敬意の気持ちを送りたい。
 でも、建前ではなく、こういうふうに学会の運営、ひいては学問・研究のあり方について揺れが起こりうる場、揺れを共有できる場というのはすごく貴重だと思う。その揺れの形がひとそれぞれで、今はだれとも共振していないように感じていたとしても。
 わたしは完全に正しい人はいないと思う。だから、誰かの意見が正しいように思えたとしてもそれにおびえる必要はないと思う。こう書くのは、周りの友人たちが正しさと、それを実現できない自分たちに不安を感じているように思えるから。
 誰しも正しさだけでは生きていけないから、正しさを振りかざされると怯え、反発する。でもそんな怯えは必要ない。必要なのは正しいことではなく、今の自分たちの限界を認め、理想に向けて可能なことを行うこと。必要なのは他人の過ちを責めたり自分の正しさを認めさせることではなく、わたしたちみなが限界を持ち、だけれども理想を共有できることを分かっていくこと。
 わたしが心配なのは、不安に駆られた友人たちが、正しさに反発して、抑圧的な方向性を選んでしまうこと。
 こういう状況の中でわたしに何ができるのか、しばらく考えていきたい。
[PR]
by anti-phallus | 2010-11-24 00:22 | 仕事 | Comments(2)