菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 13:16
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 14:39
論文を読みたいのですが、..
by maonosuke at 08:05

画像一覧

2010年 03月 06日 ( 1 )

アニータ・ブルックナー

 最近読んでいたのがアニータ・ブルクナーというひとの小説。イギリスの作家です。
 面白い小説が最近ないなーと思って、アマゾンで女性作家をさがして、フェミ作家とどこかに書いてあったので読んでみました。
 5冊読んでみました。最初は何か良く分らないなーという感じで、でもつい引き込まれていきました。作品によって雰囲気が少しずつ違いますが、一本通っている筋は、イギリスで色んな生き方をしている女性たちの、自分や、周りの人々や、季節や、街への移り変わる思い。
 このひとの世界に特徴的なのは、普通に家庭を作って、子どもを育てて夫に尽くす女性の生き方に強い憧れを抱いていること。そこのところはなぜそんなに?と不思議な感じを持ちつつ読んでいましたが、だんだん作品が後のほうになると、そういう「普通の」女性の生き方のなかにある喜びとともにわずかな空虚さ、無力感が出てきて、またそうでないシングルの女性の生活の自由さがあふれるばかりに描かれている部分が出てきます。
 それらを通して、どのような生き方を選んでも避けられない孤独や死、生きる喜びのようなものが作品全体から立ち上るようで、通読すると自分の世界も少し違って感じ取られるようです。
 訳文もプロらしい流麗な文体で、ブルックナーの独特の感覚的でありかつ論理的な言葉使いを表現しています。といってもわたしは原文を読んでないので分りませんが。
 ただ訳者あとがきは、作品の解釈がどこかちょっとずれてない??という印象は受けました。

 ともあれ江國香織や川上弘美にものたりなくなったひとには是非お勧めです。とくに『秋のホテル』『嘘』はいいです。
[PR]
by anti-phallus | 2010-03-06 22:19 | 小説 | Comments(0)