菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

最新の記事

ナンシー・フレイザー「資本主..
at 2017-09-13 15:49
諦めが生む女性専用車両
at 2017-08-31 18:33
アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59
家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> 森さん お読みいた..
by anti-phallus at 16:53
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58

画像一覧

日韓合意について

 年末の日韓外相合意について自分の意見を書いておきたいと思います。

 わたしには国民基金(アジア女性基金)の焼き直しにしか見えなかった。悪いことには、被害者への打診等事前の相談が全くなかった点では基金以上に後退している。しかも、被害国全てを対象にするのではなく、韓国のみと交渉している点も後退している。基金の縮小再生産といえようか。

 被害者への相談なしに頭越しに妥結されたという点では、日韓双方で、市民と政府の乖離が拡大しているということだなと思った。もともと、「国家はひとつだ」などと言うことは幻想で、政府と一般の市民の間には大きな溝があるわけですが、いちおう民主主義の鉄則として、政治家は市民を代弁している振りはしようとするのが普通。だが、この件ではもう既にそういう演出すら必要ないとさえ現両政権(とくに韓国政府)は認識しているのだなと。

 韓国のみを対象としていること、またこの合意を機に今後、この件を国際社会等で持ち出さないことを求めていることなどをみると、まるで「手切れ金」「口止め金」のようです。1995年の国民基金自体、被害各国それぞれで様相は違えど多くの矛盾を残している。そのなかでも明確な抗議が続いている韓国のみを相手とするのは、「うるさい被害者の口封じ」のように映る。性暴力事件があったさい、加害者がお金を渡して被害者の口を止めようとしている構図を彷彿とさせる。

 「慰安婦」問題は性差別と植民地主義の絡まった、歴史的国家的な暴力だ。単にお金を使って後は終わりとしようとするのでは、この歴史から何も学べないだろう。なぜこのようなことが起きてしまったのかの解明と、これからそうでない社会をつくっていくための政治・教育・社会あらゆる側面からの措置が必要。

 被害者や支援団体はもう既にこの合意に抗議し、反発している。このような拙速な合意で、何かを解決できると思ったのだろうか?
[PR]
by anti-phallus | 2016-01-08 16:34 | 日本軍「慰安婦」問題 | Comments(0)