菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

最新の記事

ナンシー・フレイザー「資本主..
at 2017-09-13 15:49
諦めが生む女性専用車両
at 2017-08-31 18:33
アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59
家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> 森さん お読みいた..
by anti-phallus at 16:53
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58

画像一覧

小出裕章『原発と戦争を推し進める愚かな国、日本』

 久しぶりに小出さんの本を読んでいる。2011年にはこの方の活動に精神的にずいぶん助けられた。あの頃の熱気、原発と震災に対して多くの人が不安を抱え、何かしなければならないと感じて立ち上がっていた頃からは、自分も周りもだいぶ変わってしまった。変わりたくなくても次々に、うんざりする事件や暴走する政治に振り回され、そして何よりも忙しい毎日。はっと気づくと2011年はすっかり過去のことになっている。でも震災も原発も何も解決していない。今も問題は続いている。多分何も変わってないのかもしれない。
 こんななか、小出さんは何を書くのだろうと思いながら。
 今年の3月に小出さんは京大原子炉実験所を定年退職したらしい。

 「私はこれまで、私の人生なのだから、私らしく生きたいとずっと思ってきました。ですから、誰かにああしろ、こうしろと命令されて何かをするのではなく、すべて自分で決めてやってきました。ですが、やりたいことはたくさんあっても、全部できるわけではありませんので、その中でも、私がやるべきこと、私にしかできないことを選んでやってきました。残りの人生もそうして生きていこうと思います。
 ただ、人間は生き物ですから、歳をとることから逃れることはできません。いつまでも若いままでバリバリ働き続けられるなんてことは、それこそあり得ないのであって、歳を重ねながら、それを自覚しながら、少しずつ撤退するというのが一番いいのだろうと思っています。その意味で、私がやるべきこと、私にしかできないことを、今後はさらに厳選していこうと思います。」

 こうやって写し取ると何のことない普通の文章なのだけれど、小出さんの言葉であるせいか、やけに重く響く。
 研究者も常に競争にさらされている。小出さんは、アカデミズムの流れに逆らいながら、自分の信念に従って研究を続けてきた人。批判的に原発を研究するということは、政治にも経済にもアカデミズムにも逆らうことで、「変わり者」とささやかれること。何かまっすぐな、自分を支えるものがなければ続かないだろう。
 研究するということは、例え自然科学分野であっても、「社会」というものの広さを理解していないと本当の価値ある何かは生み出せないのではないかという気がする。自分とは立場の異なる人々が存在していて、そういう遠い人々とも共有できる価値を創造していくという姿勢が求められるはずだろう。私も長年?研究に携わっているが、その実感として、自分の利害を超える価値を目的においておかないと、どうも意欲が続かないということがある。きれいごと過ぎるかな?
[PR]
by anti-phallus | 2015-11-30 00:12 | ブックレビュー | Comments(0)