菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事ランキング

最新の記事

ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45
 辺野古 圧殺の海 第2章
at 2016-08-10 15:31

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> maonosukeさ..
by anti-phallus at 13:16
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 14:39
論文を読みたいのですが、..
by maonosuke at 08:05
> yasuokaさん ..
by anti-phallus at 12:58
卒論で「女子力」を取り上..
by yasuoka at 23:52

画像一覧

ハーヴェイ『新自由主義』

 以前注目されたデヴィッド・ハーヴェイ『新自由主義』の冒頭は、アメリカの9・11以降のイラク攻撃についての批判的分析で始められています。イラクに対する戦争に、合理的な根拠がないことが分かったときブッシュ大統領は「自由」のために、イラクに自由をもたらすために戦争は正当化されると主張しました。
 そしてブッシュ政権は、イラクの公共企業体の民営化、外国企業が自由に活動する権利、イラクの銀行を外国の管理下におくこと、などの「新自由主義化」を推し進めました。
 今世紀に入って以来、このような世界の動きが繰り返されているように感じます。現在フランスを争点として起こっていることも、同様の構図へと向かっているのではないでしょうか。マスコミで報道されているパリ市民の良心的な行動、怒りの連鎖を批判する声も、このような世界の構造を変えない限り、本当の意味でかなうことはないと思います。

 一方、ハーヴェイも論じていますが、だからといって新自由主義はアメリカという「帝国」が押しつけたとはいえません。イギリスやインド、中国、スウェーデンの新自由主義化をアメリカのせいとは言えません。それぞれの国の国内事情から政策は新自由主義へと転換されていきました。

 日本もそうでしょう。日本も諸外国との関係、国際環境の中で、同時に独自の内的な歴史や事情から新自由主義化を進めています。

 とはいえ、今回のフランスの事件によって世界的な新自由主義化が一層推し進められていくだろうことも予感されます。暴力を生みだした植民地主義に人びとが気づき、暴力の連鎖とそれを利用するひとびとに世界が支配される状況を変えない限り、悪循環は続くのではないかと思われてなりません。
[PR]
by anti-phallus | 2015-11-27 17:04 | ブックレビュー | Comments(0)