菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59
家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 13:16
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 14:39
論文を読みたいのですが、..
by maonosuke at 08:05

画像一覧

「慰安婦」問題・歴史家声明に思うこと

 今月初め、アメリカの日本研究者ら187人が「日本の歴史家を支持する声明」を発表した件が話題になっている。これは「慰安婦」問題などの解決で、安倍首相の「大胆な行動」に期待を表明したもの(朝日新聞)として、さまざまな反響があるようだ。

 色々な見方ができると思うが、まあまずは、安倍政権はかなり反発を買っているということだろう。声明の内容を見ると、かなり日本の立場に配慮した文面が多い。そのような配慮を持ってしても、このような「異例の」政治的呼びかけをしなければいけない程に、今の日本の政治は危機感を持たれているということだ。

 その上で、どうも報じられ方、論じられ方に違和感があるのは、どうして日本のマスコミは、こういうアメリカの「権威」に弱いんだろうという思いが湧いてしまうからだ。これまで「慰安婦」問題が浮上してから25年間近く、被害女性たちは何度も何度も声を上げ、ずっと運動を続けている。それなのに、とくに近年彼女たちの声を報じるマスコミがどれだけあるだろうか。
 朝日新聞が吉田清治証言問題でバッシングされて以来、その傾向には拍車がかかっている。
 であるのに、こういった権威が声を上げると途端に報道され注目される。歴史学者らが声を上げたのを批判したいのではない。彼女・彼らがこの問題で何らかの立場を発信するだけでも相当の覚悟や準備、苦労があったことだろう。日本のマスコミにしても、こういった「権威」のものでもないと、報道できない、という事情もあるだろう。

 そう推察しながらもやはり、どうしても、本当に問題を解決したいならば、被害女性たちにまず耳を傾けるべきだという原則論を繰り返さざるを得ない。「慰安婦」問題は性暴力の問題だ。もうこの間この本質がすっかり隠蔽されてしまっていて、「国家間の問題」や「民族間の問題」として語られている。この語られ方自体に限界があるのだ。
 被害国・被害地域の女性たちの運動、加害国・日本の女性運動の歴史がある。わたしたちはそれを尊重し、そこから学んで、解決を考えていかなければならない。あまりに当たり前のことなので、もう自分で書くのも情けない感があるのだけど。
[PR]
by anti-phallus | 2015-05-14 21:18 | 日本軍「慰安婦」問題 | Comments(2)
Commented by オンライン読書会世話人 at 2015-05-17 18:53 x
本日はオンライン読書会にお越しくださいまして、ありがとうございます。お礼にコメントさせてもらいます。
おっしゃるように、慰安婦問題では、被害者が声を上げているという事実が大切なんですよね。吉田清治証言=慰安婦狩はずっと前から疑問視されていて、日本政府はその点も考慮して、「慰安婦関係調査」をし、その結果を踏まえて1992年に「河野談話」として発表しています。そのときの調査をまとめたものを「慰安婦問題とアジア女性基金」のサイトで読むことができます。awf.or.jp
今、ジャーナリズムが慰安婦問題を取り上げるのなら、アジア女性基金が何をして、何ができなかったのか、検証すべきだと思います。(釈迦に説法だったかもしれませんが、私も慰安婦問題には頭にきているので、お許しください。)
Commented by anti-phallus at 2015-05-17 21:40
ありがとうございます。
被害者支援運動の中で吉田証言は、90年代に既にあまり採用されないようになっていましたし、そもそも吉田証言は他にも多数ある資料のうちのごくひとつに過ぎませんでした。
それをわざわざクローズアップして、間違いだったから他の多数ある資料も間違いだとする、まさに針小棒大のやり口にはあきれます。そして、そのバッシングに十分毅然と対応しなかった朝日新聞にもわたしはがっかりしています・・。