菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

最新の記事

ナンシー・フレイザー「資本主..
at 2017-09-13 15:49
諦めが生む女性専用車両
at 2017-08-31 18:33
アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59
家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> 森さん お読みいた..
by anti-phallus at 16:53
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58

画像一覧

アベ・・・ポスト・フェミニズム

 最近、モヤモヤ感が高まっている。原因は、政治です。もちろん仕事が忙しいとか、暑くなったり寒くなったりの気候だとか、そういう日常的なものもあるんだけど、それだけじゃなく、か、それよりも政治がほんとに鬱陶しい。

 例えば、安倍政権の女性政策。女性活躍推進法案とやらで、女性管理職の登用数値を企業に義務づけるとかつけないとかで、話題になっている。少し前には女性閣僚数が史上最多とかで、政権支持率がアップしたとかもあった。
 これは、政界や経済界としては当然の動きで、日本はどんどん労働力が少なくなる訳ですから、働ける誰かを持ってこなくてはいけない、と彼らは考える。そこで、外国人労働者はどうかと考えたが、外国人労働者に自由や権利を与えるという道は基本的にあり得ないから、少数のエリート外国人には道を開くが、それだけではとても足りない。ということで、とうとう女性に大々的に目をつけた訳です。
 ただそれだけの話。あくまで雇用政策、安く、効率よく働かせようというだけのことで、これは女性差別の解消にも、平等にも関係ないんです。日本の女性は日本語もしゃべれるし、黙ってよく働くから、もっと使おうかと彼らが考えただけで。
 もちろん女性を働かせたいということで、雇用条件や雇用環境を本当に変えて、どんな女性でも働きやすい雇用システムに変えるならば歓迎なわけです。総合職・一般職のコース別雇用制度をなくし、正規と非正規の格差もなくし、派遣も原則禁止するなど。男性の長時間労働も禁止し、法定休暇も増やすなど。
 ところが現政策は、それどころか、残業代ゼロ法案など、逆をいっています。
 雇用システムの女性差別性はそのままに、一部のばりばり働ける、上に行きたい女性労働者だけ取り立てようということです。

 この動きで、わたしがブルーなのは、政策の中身そのものはもちろんのこと、それ以上に、ジェンダーに関してどんどん誤解が広がることです。
 というのは、早速この前もある若い人が、この政策を「女性であるだけで昇進できる時代になった」と批判していました。このひとはとくにいわゆる「バックラッシャー」とかネトウヨとかではなく、ごく普通の、社会問題にもほどほどの関心をもっているひとです。この人が特別なわけではなく、報道だけ見ていると、こういう誤解を抱いても仕方ないわけです。新聞やマスコミは、女性労働の問題などよく分かっていない記者・ジャーナリストがほとんどで、政策の表面だけ見て、そのまま報じるだけですから。記事の最後に、多少憂慮しているような専門家のコメントを載せていても、記事全体の趣旨としてはよく分からない、結局は政策を後押しするような記事が多いです。
 こういう、ジェンダーの実態は伝えないままに、どんどん打ち出される法案や政策の良さげなイメージだけ広がっていくという状況は、男女共同参画推進法あたりから常態になっています。ジェンダー研究者や女性運動家も高齢化していっているので、適切に大きい声で批判する層も減っています。
 結果、「女性差別はなくなった」「男女は平等、どころか女性が優遇されている」というイメージが広がっているのです。

 わたしはこの状況を日本版「ポスト・フェミニズム」だと見ています。ポスト・フェミニズムというのは「フェミニズムは終わった」とする社会の風潮のもと、能力主義・エリート主義が女性の中に強化されていき、男女格差に加え女性間格差も拡大する社会の様子を示しています。イギリスやアメリカで議論されている問題ですが、日本ではあまり知られていません。

 サッチャーやブッシュ/クリントンあたりから英米ではどんどん進んだ状況ですが、日本では、2000年代以降、小泉や安倍のあたりから本格化していっています。
 一番の問題は、こういうポスト・フェミニズム的状況がある、これを変えなくてはいけないということを主張する声が少ない、ほとんどないことです。わたし自身が、色んなことに忙殺されて、なかなかできていない・・・。
[PR]
by anti-phallus | 2014-09-29 10:40 | フェミニズム | Comments(0)