菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事ランキング

最新の記事

ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45
 辺野古 圧殺の海 第2章
at 2016-08-10 15:31

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> maonosukeさ..
by anti-phallus at 13:16
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 14:39
論文を読みたいのですが、..
by maonosuke at 08:05
> yasuokaさん ..
by anti-phallus at 12:58
卒論で「女子力」を取り上..
by yasuoka at 23:52

画像一覧

 この前海に行きました。
 福井の方の温泉に泊まり、少し足を伸ばして日帰り湯にも行こうということになりました。思いつきの旅程でしたが、それは正解でした。
 電車に乗って、雪道を歩いて温泉施設に着きました。入り口から入って突き当たりを眺めると、そこには激しい波が見えました。大きな一面張りのガラス窓の向こうには、悪天候の下で強く打ち寄せる波の重なりが見えました。
 それは何度も何度も白い歯を見せながら、噴出しては消えていき、しかしなくなることはありませんでした。
 次に驚いたのは、そのガラス窓の手前はロビーのようになっていて、いく人かのお客さんがソファーに座っていましたが、その人たちは平然として普通の顔をしていることでした。驚いているわたしがバカみたい。もちろんそのひとたちは波を見た初めは驚いたかもしれませんが、すぐ普通にもどってしまうんですね、当たり前ですが。こういうとき、人間って、不思議な気がします。自分の思いを隠したり、すぐに心を切り替えたりできる。
 わたしがとくに海に反応しやすいのかもしれません。子どもの頃から海が好きで、ぼんやり波を見ていると時間が経つのを忘れる。
 久しぶりに海の近くに行ったので余計に印象的だったのでしょうね。あの瞬間を忘れたくないなと思います。
 それから、ガラス窓の近くには説明板があって、明治か大正時代に、オランダ人技師の協力で堤防が作られたことが記念されていました。そのオランダ人の方の似顔絵入りで。彼らの子孫がいるとしたら、子孫たちはこのことを知っているのですかね。日本の片田舎の温泉で、先祖の名前と似顔絵が飾られていることを。
 海は植民地主義の歴史を運び、また回想させる。クッツェーの小説を読んでいるので余計にそう思えます。
[PR]
by anti-phallus | 2013-02-28 18:14 | つれづれ | Comments(0)