菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45
 辺野古 圧殺の海 第2章
at 2016-08-10 15:31

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> maonosukeさ..
by anti-phallus at 13:16
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 14:39
論文を読みたいのですが、..
by maonosuke at 08:05
> yasuokaさん ..
by anti-phallus at 12:58
卒論で「女子力」を取り上..
by yasuoka at 23:52

画像一覧

ますますやば

 橋下市長の妄言に続いて、安倍までも出てきて、まじで息苦しくなってきてしまいました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 従軍慰安婦問題:安倍元首相、河野談話を見直す必要
毎日新聞 2012年08月28日 19時54分(最終更新 08月28日 20時12分)

 安倍3件晋三元首相は28日のTBS番組で、戦時中の従軍慰安婦問題をめぐり旧日本軍による強制性を認めた93年の河野洋平官房長官談話を見直す必要があるとの考えを示した。安倍氏は「おそらく(当時は韓国に)配慮して状況を収めようということだった。外交では言いたいことを言えばいいわけではないが、完全に事実に基づいていないものは中長期的には両国の友好において結果として維持できない」と述べた。

 安倍氏は06〜07年の首相在任時、談話を踏襲する考えを示す一方、07年に「強制連行を直接示す資料は見当たらない」との政府答弁書を閣議決定した経緯がある。安倍3件氏は次期衆院選をにらんで橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」との連携を模索しており、橋下氏も答弁書を評価する発言をしている。

 安倍3件氏は番組で、憲法改正や教育再生などを挙げて「(維新の会とは)ずいぶん共通部分がある」と強調。談話の見直しにも言及することで、「保守連携」の流れをつくる狙いがあるとみられる。【坂口裕彦】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
 この記事、従軍慰安婦という言葉を素で使ってて、ちょっといい加減に「従軍」はやめてよという感じですが、もうそれどころではなく。

 まあ考えてみれば、安倍はかなり「慰安婦」問題にはこだわりのある政治家なので、このタイミングで出てくるのは予想できたことですね。橋下のほうはおそらくそれほどこの問題オンリーにこだわりのあるひとではなさそうだから、彼の発言だけだったら、「このタイミングでこの問題について発言したのはどんな裏があるんだろう?」という疑問がわくところでしたが、ここで橋下人気を利用して安倍が出てくるとは。。わたし、政治オンチなのでやられました。

 ああ、ますます日本の政治はひどいことになってしまう。世界中から孤立して、しかも別に正当な理由だったら孤立してもいいだろうけど、性暴力被害女性を侮辱した孤立。最悪ですよ。

 橋下にしても安倍にしても、「慰安婦」は強制連行ではない、ということしか言ってないのですがこの問題設定にのってはいけないです。強制連行という言葉からイメージするのは、警察や官吏が無理矢理力づくで少女を家や街から連れ去る、というものでしょう。現実にはどうだったかというと、そういう強制連行もありました。被害者自身や目撃者の証言が各国、各地域にたくさんあります。
 
 しかし、橋下らは証言は証拠ではないと、全否定です。彼らは「公文書」しか証拠として認めません。(頭かたいですね〜)しかし、どんな愚かな加害者であろうと、自分が無理矢理人を力づくで連れ去ったとかこれから連れ去るぞとか、わかりやすい文書を残すでしょうか?怪人二十面相の犯行予告を、みながやるでしょうか?やらないです。「慰安婦」問題は軍や政府が関与しているのですからなおさらそんな莫迦な証拠は残さない。(敗戦時に、日本軍が文書資料の焼却命令を出したことを忘れてはなりません。)ただ、指揮系統に従って、あるいは民間の風俗業者に「○○に何人連れてこい」と命じるだけです。そういう文書は残っています。

 また、そういう分かりやすい強制連行ではなく、お店で雇うとかだまして連れていった詐欺的手法もありました。その証言や資料も残っています。
 たくさんの研究書が出ています。

 『日本軍「慰安婦」関係資料集成 』(鈴木 裕子, 外村 大, 山下 英愛 編集)という、分厚い資料集も出ています。
 証拠はあるのです。

 ですが、橋下や安倍らはいくら証拠を提示しても、それを証拠とは認めません。彼らはそれを認めたくないのですから。
 彼らにとって、「慰安婦」の国家責任を否定するのは、冷静な検討の対象ではなく、信仰になっているようです。信仰を持つのは自由です。何かを信じるのは大切なことです。ですが、信じるのなら、もっとまとまなことを信じてほしい。
[PR]
by anti-phallus | 2012-08-29 22:27 | 日本軍「慰安婦」問題 | Comments(0)