菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59
家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 13:16
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 14:39
論文を読みたいのですが、..
by maonosuke at 08:05

画像一覧

クレイジーホース★パリ 夜の宝石たち

 ワイズマンの新作。ワイズマンは社会派ドキュメンタリー監督。視点が鋭いひとなんで、通好みかな〜。
 クレイジーホースというのはパリにある由緒あるキャバレーらしい。「世界初にして、最高のヌードダンスショー」を標榜。ワイズマンはそこに入り込んで、表と裏を撮影。
 これが不思議な後味を残す映画で、気づかない人には単なる長丁場やったなーで終わりそうなんだけど、一旦気づいてしまうと、痛烈な現代社会の表象批判として解釈できる。
 前半は、観客の期待通り、クレイジーホースの魅惑的なショーに目を奪われる。美しく鍛えられた女性たちの身体が戯れ合い、うごめき、見る者の感性に訴えかける。また制作側の苦労を伝える一幕も入ってきて、前作『オペラ座』同様、ショーの裏側にある娯楽産業としての悲哀をかいま見せる。
 しかし、だんだんと、ショーに飽きてくるのである。これが直接、劇場で観ているのならまだしも、映画なのだから結局は自分の目で見ることはできず、あくまでカメラが見ているものを観せられているだけ。そのカメラが、だんだんと冷たく感じられてくると、観るものは、「結局、女性の美とかエロスの極致(制作者のインタビューでの言葉)とか言っても、似たような顔した女性が身体くねくねさせてるだけじゃんか」という皮肉な気持ちになってくる。
 そうしているところに、ダンサーのオーディションの場面。10人ほどの応募者にひとりずつ踊らせ、審査員のコメントが入る。そのなかで、他の応募者たちと違って体つきの大きい男性らしき、けど胸も多少あるような応募者がステージに出ると、審査員がざわめき、さっさとダンスを終わらせ退場させる。そしてそのときのコメント、おそらくは内輪でささやいた程度であろう監督の「性転換者はダメだ。チャーミングだけどね」というひとことを映画は敢えて残している。オーディションの終わり、受かったダンサーたちを前にして、また気になるコメント、「ロシア人は何人?」。
 つまり、クレイジーホースはパリの生粋の美の殿堂を気取りながら、結局は、「ヨーロッパ的」基準の「美しい女性」を並べているだけであり、そこではジェンダー二元論は当然崩されてはならず。美というのは同じような高い身長、長い手足、白い肌、整った目鼻立ちという基準で決定されるものであり、「パリの紳士」が通う場所でありながら、ダンサーたちの少なくない割合はロシアからの移民なのだ。
 もちろんこのような美の基準、白人中心主義的ジェンダーステレオタイプは、クレイジーホースのみならず、現代のほぼあらゆるマスメディア等表象産業を覆っているものである。しかし、ベネトンの多文化主義的販売戦略が定着した今、そのような復古的世界はどれだけ維持できるのだろうか?フランス社会は非異性愛への承認意識が低いという主張があるが、まさにそれを見せてくれたよう。
 制作者たちのクレイジーホース礼賛コメントが続く中、白けた気分にならざるを得ない。エロス、セクシュアリティというものはもっと流動的で、変容するからこそ面白いはずだと私は思うが、この映画で映し出されたクレイジーホースにおける美は、定型的で、世の中のマスの価値観を代表しているに過ぎない。

 ワイズマンがどこまでを意図してつくったかは分からない。このような表象の構造批判までは意図していないという解釈の方が穏当かもしれない。だが、観る者に対して、大きな解釈の幅を与えることこそが、ワイズマンという尊敬すべき映画監督のねらいだといって差し支えないだろう。
[PR]
by anti-phallus | 2012-08-06 19:15 | シネマレビュー | Comments(0)