菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

最新の記事

福島・放射能・原発etcのこと
at 2017-11-23 15:46
2017年衆院選挙結果を受け..
at 2017-10-27 13:54
ナンシー・フレイザー「資本主..
at 2017-09-13 15:49
諦めが生む女性専用車両
at 2017-08-31 18:33
アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59
家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> 森さん お読みいた..
by anti-phallus at 16:53
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58

画像一覧

コメントいただきました。

 前のエントリ「母の日かriot grrrlか」に対して、コメントをいただきました。
 設定の条件上、長いとはじかれてしまうようなので、こちらでアップさせていただきます。(了解はいただいています。)
 Makibooさん、ありがとうございました!

*************************


私も母親ではないし今後も母親になる可能性は非常に低い立場にいる者です。原発の問題で、子ども達の安全が叫ばれる中、私もやはり同じような思いを抱いていました。

それぞれの立場から、感情や考えを表していくことは必要。けれど、「母親」で集約されることで、「非母親」は発言することに気後れしてしまう。いくら自分の周囲の子ども達を守りたいと思っても。「母親ではない」というそれだけの理由で発言することに対して抑止力がかかる状態は、よいと思えません。

もう一つ。避難の緊急性において、子どもと妊婦の命こそ優先させるべきというコメントが多く飛び交いましたが、それが当然のこととして受け止められる、あるいは、受け止められなければならない空気ができていることにも、立ち止まって考えたいと思います。

人の命の重みは余命で計られるべきでしょうか。「子どもと妊婦を優先すべき」ということを、福島の被災地で動けない状態にいる年配の人達が聞いたらどのように思うでしょうか。おそらく大半の人は、その通りだと頷くでしょう。しかしそれは、なんだかあまりにも切なく、つらい。

そして、「女」「子ども」が、未だに、こうもたやすくひとくくりにされてしまうことにも注意を向けたいと思います。なぜ、「女」と「子ども」なのか。障がい者や、高齢者ではなく。(もしも、社会的弱者、という枠組みでそれを言うのだとすれば。あるいは、じゃなかなったとすれば、何?という話)。

まるで「子ども」が「未来」のすべてを担うかのごとく、美しく、そして、少し押し付けがましく語り、その「未来」を担う労働力を産み、育てるのは「女」だという、“古きよきストーリー”を私達は今こそ解体しなければならない。よりよき「未来」のために。そして「今」を生きる、すべての人々のために。

(長くなってすみません。はじめまして。また投稿楽しみにしています)
[PR]
by anti-phallus | 2011-05-10 21:53 | その他 | Comments(0)