菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

最新の記事

家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31
フレイザーのトランプ論「進歩..
at 2017-01-28 23:19
アンジェラ・マクロビー「アン..
at 2017-01-25 13:25
大学の男女共同参画政策について
at 2016-12-22 20:10
ナンシー・フレイザー インタ..
at 2016-11-29 20:00
似ている
at 2016-11-11 20:45

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 13:16
> maonosukeさ..
by anti-phallus at 14:39
論文を読みたいのですが、..
by maonosuke at 08:05

画像一覧

つづき

 上間さんの論文について感想を書きます。
 全体的に分りやすく読みやすい。こういうと単純なことのように聞こえるけど実はこれが一番難しいことだと思う。研究論文であれば、分りやすい文章を書くのは大事なこと。

 だいたいのところ的確に論点を整理していると思うのだけど、不思議感が残る。筆者の学問観、アカデミズムとしてのフェミ観なのか、それがわたしの感覚と少しずれているような。そしてそのずれは内発的なものだけでなく、環境要因も大きいような。。。

 例えば以下の部分。

 「しかし、フェミニズムが展開されている大学、大学院という場では、先行研究を押さえるという形で先人のフェミニズムの思想とその意味をしっかりと「誤解なく」把握し、その上で自論を展開すべし、というフォーマットが用意されている。用意されているというよりも、それ抜きには、一人前の「研究者」として認められない。」

 まずわたしの院生時代、研究室にジェンダー専門の専任教員はいず、わたしの指導教官は人類学者で、アフリカが専門。ジェンダーやフェミについて一定の知識はもちろんあるが、専門の教員はいなかった。だからゼミ等で発表しても、「フェミニズムの思想と意味を正確に把握しろ」というプレッシャーはあまり感じなかった。それよりは社会学や調査方法・社会科学としての方向からのコメントが多く、ジェンダー・フェミニズムの面には遠回しな反応や誤解にもとづいた反応が他の院生含めて多かった。

 それがかえって楽だった。院生の中にはジェンダー関連のひともいくにんかいたので、研究会や読書会でジェンダー・フェミニズムについては学ぶ機会があった。

 上間さんの書き方だと、完全にフェミニズムが社会学等の学問分野のひとつとして認知され並列されている環境のように感じられる。
 それに比べるとわたしの経験では、悪く言えばフェミニズムは外野・傍流扱いだったし、良く言えばその分自由だったのかもしれない。

 それと関連して、次の部分。

「つまり、私の「女性」としての経験=研究を、「価値がある」もしくは「既に論じられている」と「見做す」のは私ではなく、その道の先を行くフェミニストでありアカデミシャンである。」

 ・・・。これって事実なら、ものすごく抑圧的な環境なのでは。なんだか幾重にもずらしがあるように見えるが、例えば筆者が何か自分の経験に関わることをゼミ等で発言すれば、「女性としての経験」と見なされ、それが「フェミニズムの歴史」に照らしてジャッジされ、正当性や価値を判定されてしまうのだろうか。うーむ。

 それと、末尾のほうでも感じることなのだけど、この論文では、フェミニズムの研究の定義が、「女性の経験を理論化すること」と前提されている。だが、この定義はフェミニズムというよりは女性学の発想だと思う。わたしは、フェミニズム研究というのは、いわゆる「女性の経験」に限定されるものではないと思う。「女性」と見なされない存在だったり、「女性的な経験」と認知されなくても、それがジェンダーやセクシュアリティ、あるいは性差別と関連のあることであれば、研究するに値すると思う。

 なんだか「女性の経験」という錦の御旗に振り回されている空気を推測してしまう。そんななかでも真摯に関わろうとしている姿勢には好感を感じるが、もしわたしの推測が幾分か当たっていたならば、そういう空気はごく一部の大学にしかないものだし、他の研究室ではまた違った空気があるのだから、少し環境を相対化して考えてもいいのではないかと思うのだけれど。どうでしょうか。
[PR]
by anti-phallus | 2010-08-20 21:03 | ブックレビュー | Comments(0)