菊地夏野のブログ。こけしネコ。


by anti-phallus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

最新の記事

福島・放射能・原発etcのこと
at 2017-11-23 15:46
2017年衆院選挙結果を受け..
at 2017-10-27 13:54
ナンシー・フレイザー「資本主..
at 2017-09-13 15:49
諦めが生む女性専用車両
at 2017-08-31 18:33
アイヌのこと
at 2017-08-07 17:59
家族に介入する国家が問題なの..
at 2017-05-05 23:51
ジュディス・バトラー インタ..
at 2017-03-11 21:12
朝日新聞・女子力コメント
at 2017-03-08 13:39
N・フレイザー/A・ディビス..
at 2017-02-25 18:20
【補足追加】中日新聞上野千鶴..
at 2017-02-16 17:31

カテゴリ

全体
つれづれ
非常勤問題
小説
ブックレビュー
シネマレビュー
仕事
イベントの案内
フェミニズム
セックス・ワーク
クィア/LGBT
日本軍「慰安婦」問題
原発/震災
ユニオンWAN争議
その他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

最新のコメント

> 森さん お読みいた..
by anti-phallus at 16:53
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
はじめまして、だいぶ昔の..
by 森 at 22:27
> サドさん ラディカ..
by anti-phallus at 15:55
結婚制度を廃止したらいい..
by サド at 13:58

画像一覧

賛同署名できます!ユニオンWAN(2)

 WAN争議の支援の輪、どんどん広がっています。
 賛同署名を集めるサイトができました。以下です。

【賛同署名募集】WAN労働争議への支援および理事会への要望


 みなさん、お読みになって、納得できればぜひ賛同してください!(わたしは呼びかけ人じゃないですが)

 ところで誤解してもらいたくないですが、WAN争議はフェミニズムへのバッシングじゃないですよ~

 前回も書きましたが、フェミニズムって、すごく存在価値が大きいんです。わたしみたいに、ジェンダーやセクシュアリティで悩んでいる人間に、勇気と発見を与えてくれるし、自己肯定へと導いてくれる。これまで多くの人を救っていると思います。救っているというのはちょっと強烈な言葉なので、言換えれば力づけています。

 だからこそ、フェミニストとして有名な人には周りが期待してしまう。また、大学教員・研究者という職業は、社会から権威を与えられる職業なので、なおさらです。
 WANはフェミニズムの立場から設立され、お金を集めているところですから、やっぱり内部の雇用関係もきちんとしてほしいと思うのは当然ですよね。

 そんな「期待」なんて、勝手にしてくれ、自分たちには関係ない、好きなようにやるわよと開き直るのもあり得るかもしれませんが、それにしてもひとに迷惑をかけるのはおかしいでしょう。

 つまりフェミニズムへの愛があるからこそ、この争議を支援しているのだと思います。

 別の言い方をすれば、誰でも間違うことはあるんです。差が出るのは、間違いに気づいたときに率直に謝って訂正できるかどうか、そのところでそのひとの成熟度とか人間性が分かる。

 遠藤さんは、フェミニズムが嫌いだからこの闘いをしているのではない。わたしも同じ。
 
 だから、この問題、ほんとにいい形で終わって欲しいなあ、、
[PR]
by anti-phallus | 2010-02-07 00:41 | ユニオンWAN争議 | Comments(0)